痛み

20代、30代で膝が痛い原因は何か?

  • LINEで送る

痛みで多いものといえば

  • 膝の痛み
  • 腰の痛み
  • 肩の痛み

です。
文献でも、私の経験でも、上記の3部位が痛い人が多いです。

しかし、ほとんどが中高年になってからですよね。
*腰は若い頃から痛みが出る人が増えています

膝が痛くて、病院に行ったら、

「加齢ですね…」

と言われることは多くあります。
40代以降では納得させられてしまうと思いますが、
20代・30代では納得できませんよね

20代・30代で膝が痛い原因は何か?

加齢といえば、骨の変形。
ですが、20代・30代で骨が変形していることなんてごく稀です。

ではどこが原因で痛みが生じているのでしょうか

可能性case1:靭帯損傷

膝の靭帯損傷というと、

「スポーツ選手」

が思い浮かぶと思います。

もっとも有名な選手は
フィギアスケートの「高橋大輔」選手。

そこからの復活劇は感動的でした。

しかし、靭帯損傷はかなり一般的な怪我になります。
実際、部活動レベルでもバスケットやバレーボールをしている女性には多くみられる怪我の一つです。

実際、
「年をってからMRIをとってみたら靭帯がなかった…」
という人もいます。
*私の母親もそうでした。

靭帯損傷は捻挫

靭帯損傷を「捻挫」と言い換えると、急に
「なんだ…捻挫か」となりますよね?

捻挫とは、関節にかかる外力により非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。足関節では図1の前距腓靱帯が損傷されることが最も多い病態です。

日本整形外科学会hpより

膝の十字靭帯損傷は「関節内の靭帯損傷」となるので、厳密には異なるのですが、実はみじかな疾患だということがわかると思います。

靭帯損傷で膝が痛い理由は

足首の靭帯損傷をイメージしていただくとわかりやすいのですが、
靭帯損傷(捻挫)をすると「捻挫癖」とよく呼ばれる症状がみられます。

足をグネりやすい状態ですね。

靭帯には

「捻挫・損傷しないように筋肉を反応させる」

機能があり、それによって未然に靭帯損傷を防いでいるというメカニズムがあります。

しかし、靭帯損傷をすると、その機能が低下するため、「捻挫グセ」として繰り返してしまいます。
その時に、再度損傷したり、周囲組織を引き延ばしすぎて痛みが出たりすることが多くみられます。

これが、靭帯損傷による痛みを繰り返すメカニズムです。

可能性case2:半月板損傷

半月板損傷も、スポーツなどの激しい活動で生じることが多い病態です。
これも、症状がある時と、無症状の時があるので、原因不明の膝の痛みを生じやすい病態となります。

半月板損傷では、ひどい状態になると
ロッキング・引っかかり
と言った「主観的にもわかる動きづらさ」がみられるのでわかりやすいのですが、軽度であると「よくわからない痛み」で済まされることが多いので注意が必要です。

半月板損傷で膝が痛い理由は

半月板は、骨と骨の適合性を高めてくれている組織になります。
そのため、膝が伸びたり曲がったりすると、それに合わせて動いて、適合性を保とうとします。
しかし、軽度の損傷があると、その部分が軽く引っかかる(動きの中では認知されない程度でも)ため、繰り返されることで炎症が生じ、痛みが出現します。

膝の痛みの原因がわからないと言われたけど…

検査してもらったけど、原因がわからないと言われた…

という人もいます。

靭帯損傷にしても、半月板損傷にしても

「損傷の手前で硬くなっていたり、動きが悪くなっている状態」

でも痛みは生じます。

特に、半月板は「適合させてくれる組織」なので、動きが悪くなっているだけで適合しづらくなり、軟部組織を挟み込んでしまったり、伸ばしすぎてしまったりして痛みが出る場合が多くみられます。

まずは筋膜調整を試してみよう

膝周囲の硬さを取ることで、靭帯・半月板にかかる負担を減らすことができます。

そのため、膝周りの筋膜調整・マッサージをすることで、症状を抑制することができます。

point

  • 膝のちょっと上の内側部分をマッサージ
  • 膝の裏側の筋張っている部分(外側と内側)をマッサージ

してみましょう。

膝の曲げ伸ばしが楽になっていれば成功です。

しっかりとケアをしてあげることで、さらなる症状の増悪・損傷を引き起こさないように予防できます。ご自身の身体を大切にしましょう。

  • LINEで送る

痛みが取れない…手術してから調子が悪い方は筋膜整体「CoCoからだ」へ

理学療法士・ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしての豊富な知識・経験に基づきコンディショニングを致します。
個別での筋膜調整なら市川市本八幡の「COCOからだ」筋膜整体院で

詳細はこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください