身体を整えて、心を整えよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子育て中に

親に余裕がないと、子育てなんてぜったいに!できない!!

と実感しました。
余裕がないと、どうしても子どもへの当たりが強くなってしまいます。
毎日反省です…

余裕がない状態が続くと、精神的に不安定になってしまい、

  • 子どもと接する際の余裕がなくなる
  • 仕事のパフォーマンスが低下する
  • 身体に不調が生じる

という負のループに陥ります。
このループから抜け出したい!!

スポンサーリンク

負のループから抜け出すために!

私は、

  • 理学療法士
  • トレーナー

なので、いわば

身体のスペシャリスト!

その経験や知識から

「身体的な問題」をいい方向へ向かわせること
はできます。

そして、身体的な問題がいい方向へ向かうと

精神的な問題もいい方向へ向かうことが多い

ジョギングなど運動が継続できているうちは、
子どもが「いたずら」や「間違い」をしても、
落ち着いて、
子どもの心境を踏まえながら
話をすることができます。

しかし、最近運動できてないなぁって時に「いたずら」されると…

「何やってんの!!」

子どもの気持ちを考える前に、言葉が出てしまいます。

「よゆう」を作るには、身体の改善から

精神的なストレスから身体的な症状が出ることは知られています。

胃潰瘍はストレスから生じる
「頭痛・腰痛」も、精神的なストレスから生じますよね

心配事など精神的なストレスは、わかりやすく

姿勢や行動にあらわれてきます。

  • 自信のある人は胸を張ったいい姿勢
  • 自信のない人は身体を丸めて下を向く

精神の状態が、身体の状態に反映されるように、
身体の状態を精神の状態に反映することもできます。

上を向いてから面接をした人と、
下を向いてから面接をした人だと、
面接時の自信の表れが全然違ったという実験もあります。

身体的な症状の改善 → 精神的に「よゆう」を作る

そして、精神的な安定を図ることができます。

身体と精神の関係

身体と精神
「からだ」と「こころ」はお互いに影響されあいます。

どちらかが強靭的に強ければ…

「からだ」「こころ」はお互いに補完しあい、
いい状態を保つことができます。
「こころ」のコントロールは
「からだ」のコントロールより難しい

では、
「からだ」をコントロールすることで、
「こころ」をコントロールする能力を高めましょう。

「子どもの成長は、親の心身の余裕にモロに影響される!!」

自分が忙しい時や、ちょっとイライラしているときは、
余裕を持って子どもと接することができません。
フルタイム勤務 < 時短勤務 < 育休
の順に、明らかに子供に優しく、余裕を持って接することができています。
単純な話、
19時からご飯を食べ始めるより、
18時からご飯を食べ始めた方が、
だらだら食べていても
歌いながら食べていても
イライラしません。

それは「ご飯の時間」だけでなく、どんな時でも言えます。
子どもを「自分の時間」軸で管理しようとしてしまうと、
うまくいかない時にイライラしてしまいます。

子どもは子どもの時間軸で生活させるのが一番だと思います。

そして、これは「子育て」だけではありませんでした。
やっぱり、「よゆう」何よりも大切です。

このブログに書いていきたいこと

私は、
「時短勤務」をさせてもらって、
「育休」を取らせてもらって、
幸せだと思います。

だからこそ、このブログでは、
少しでも子育てを余裕を持って行えるように
生活を楽しめるように
そのアイデアを書いていきたいと思います。
私も備忘録としても…

親(大人)の心身の健康

親(大人)の心身の健康へ

親は、家庭・会社・友人関係・親子関係などさまざまなところでストレスを抱えます。
私は「理学療法士・トレーナー」として、人間の身体と関わる仕事をしているので、心身の「身」の部分から健康にしていくことのプロフェッショナルです。
持っている知識を共有できるように発信していきます。

子どもの成長

子どもの成長へ

子どもの成長を「身体の成長」からの目線を主に記事にしていきます。
自分の子どもとの遊びやトレーニングでいいと思ったものなども書いていきます。
子どもとの遊び方などで迷うことがありましたら、参考にしてください。

子どもに負けるなパパ

パパはっくへ

うちは3姉妹です。だからなのか、
いつまでもかっこいい「パパ」でいたいと思っています。
いつまでも「子どもに負けない、すごいパパ」でいるためのノウハウをお伝えします。

理学療法士・トレーナーとして

セラピスト・トレーナー向けへ

理学療法士として働き出して10年以上
トレーナーとしては5年以上
できる!セラピストではありません。
世の中にはバケモノのような人がたくさんいますし

それでも、ある程度伝えられることはあります。
若手や悩んでいるセラピスト・トレーナーに対して、少しでも力になれればいいので、自分の知っている知識を共有していきたいと思います。

スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes