コンディショニング

高齢者は日常生活が過負荷・オーバートレーニング

  • LINEで送る

「オーバートレーニング」
という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

「あぁ!スポーツ選手が追い込みすぎて・・・」

と思った方!要注意!!

オーバートレーニングはスポーツ選手だけでなく、我々、一般的な人にも起こり得ます。

オーバートレーニングになっている状態とは、

「繰り返されるトレーニングや
日常生活による負荷量が
回復を上回っている状態」

回復とは、

「運動中の即時回復」「運動間の短期的回復」「運動後のトレーニングリカバリー」といろいろですが、それはおいておいて・・・

回復において重要なのは、

  • 「栄養」
  • 「睡眠」
  • 「病気の有無」
  • 「全体的な健康状態」
  • 「感情面」
  • 「身体的ストレス」など様々です。

アスリートは上記のそれぞれに気を使っている人が多いですが、我々はどうでしょう?

  • 忙しすぎて、ないがしろにしてしまいがちな食事
  • 仕事に追われての慢性的な睡眠不足
  • 体調不良が気になってもなかなか病院へ行くことができない生活

・・・どうでしょう、かなり当てはまりませんか?

さらに歳を重ねると

「抱えている病気」「健康状態」なども当てはまってきます。

「オーバートレーニング」の状態となると、

運動誘発性の免疫抑制

と呼ばれる疾病、特に上気道に関するものが多いそうですが、が生じます。

止まらない咳や、インフルエンザ様症状、回復力の低下、そして

「内出血」

「いつぶつけたかわからないけど、内出血している、あなた!」

要注意です。

オーバートレーニングはアスリートだけではありません。

日常生活による負荷が回復力を上回ったら、誰にでもオーバートレーニング症候群は生じるのです。

  • LINEで送る

痛みが取れない…手術してから調子が悪い方は筋膜整体「CoCoからだ」へ

理学療法士・ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしての豊富な知識・経験に基づきコンディショニングを致します。
個別での筋膜調整なら市川市本八幡の「COCOからだ」筋膜整体院で

詳細はこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください