頸が座るためには

赤ちゃんの「発達のマイルストーン」としてまず登場するのは

「頸のすわり」

だいたい生後3ヶ月過ぎくらいに見られるようになります。

https://standup87.com/2019/02/26/what-is-milestone-of-growth/

ふにゃにゃ〜、だった赤ちゃんから、
抱っこでも安心感が出てくる時期ですね。
ふにゃふにゃ時代もあっという間に終わってしまいます

Baby Sleeping on White Cotton


頸が座って、全身の力が入って安定してくると、
扱いが「雑」になってきます・・・
特にお父さん
産まれたては「腫れ物を触るように」恐る恐る抱っこしていたのが、
片手で抱っこしだす時期です。

頸がすわるということは?

運動をするときに、身体のバランスをコントロールするときに重要な部位が

「くび」

頭が重力に対して垂直な位置(まっすぐ)でいてくれるおかげで、目線が水平に安定します。
目線が安定していないと、身体の位置感覚とかも分かりずらいですよね。
どんな動きをしても、くび(頭)の位置を中心に据えて、身体のバランスをとります。

頸のすわりはなぜ生じてくる?

胎児までは、羊水の中で重力からある程度解放されています。
そのため、「原始反射」を使って、いろいろと動けていました。
逆さまになったりもしますよね。
それが「誕生」と同時に一気に重力にさらされて動きづらい身体へ・・・
そりゃ泣きたくもなります。
身体が急に重くなったんですから

はじめの2ヶ月くらいは、「ジェネラルムーブメントGM」と呼ばれる無意識の動きをしています。
ずっと仰向けに寝ていて、うにうに動いている時です。
この動きは胎児の時からあるのですが、筋肉をつけるためにとても大切な運動です。

そして、2ヶ月くらい経つと、一度動きが減りますが、今度は「意思を持って」動きをするようになってきます。そのきっかけとなるのが

・視力の向上(注視→追視が出来るようになる)
・聴力の向上
・触覚の向上

これらの感覚・認知機能の向上により、

  • 自分の身体の認識ができる
  • 外の世界との関係性がわかる

という変化が見られてきます。

仰向けのまま、うにうにしている状態から、
外の世界からの刺激を、「認識」できるようになり、
「探索活動」を行っていくことで養われていく力があります。

赤ちゃんはまず、重力に対抗する力を手に入れる

「重力に対抗する力」

重力に抵抗する力として、
まずは手足をバタバタしだします。
仰向けて手を伸ばしたり、足を伸ばしたり。
さらには頸を起こそうとしたり、
手を握って起きてこようとしてきます。

頸の座りを促すための方法

「頸がすわるようにするため」
に与えるべき刺激は、「すわらせる」ことではありません。

  • 声や音で頸の動きを促す
  • 色々なものを触らせて、探索させて「身体感覚」を作る手助けをする

これらがない状態で、重力に対して身体全体を起こしてしまうと、今後の発達に必要な

「頸や身体を捻るような筋肉」
「視覚・聴覚から認知する機能」
「触覚を介しての外界との関係性構築」
「自分の身体感覚・身体図式の構築」

の発達が不十分になってしまいますので注意しましょう。

両手を使って、「正中位」で遊ばせるということも非常に大切です。
両手でものを持って、真ん中で遊ぶということは、赤ちゃん自身の身体にも投影されます。
それが、「正中位の感覚」となり、「重力に対してまっすぐでいる」という感覚のベースとなることができます。

結構な割合で赤ちゃんが持っている「オーボール」という商品がありますが、かなりいい刺激を与えてくれると思います。

オーボール ベーシック

新品価格
¥425から
(2019/2/26 14:35時点)

https://standup87.com/2019/02/26/rolling/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください