コンディショニング

上手なアーサナー とは(上手なヨガ)

  • LINEで送る

「アーサナー」って知っていますか?

ヨガをやっている人ならわかりますが、
「ヨガのポーズ」のことです。

最近の「ヨガ」はポーズをとることがありきになってしまっていて・・・
と私のヨガの師匠は嘆いていました。
そりゃポーズは取りますよ。

ヨガは
呼吸-ポーズまでの過程-ポーズ姿勢
で自身の身体と対話をしていくのですが、
それが、

「どうやってインストラクターと同じくらい体を捻るか・足を上げるか」
が勝負になってしまっているという残念な状態になってしまっています

ポーズは人それぞれ

実際、インストレクターと同じレベルのポーズは一般の方には難しいですよね?
ポーズは人それぞれ違うはずです

例えば、上記のようなポーズ

左右の人では全然違うポーズとなっています。
左の人が、右の人の真似をして、さらに手を上げていこうとすると・・・

現状ですら反りすぎな腰が、もっと反ることとなってしまいます。
すると「腰痛」が慢性的に出てきてしまう可能性があります。

動き・ポーズを作るということ

「ヨガ」とは、ご自分の身体と対話をしながら、無理のない範囲で動く、ということができていればかなりお勧めします。

しかし、

「他人を参考にして、同じようにやろうとすると、必ずどこかに負担が生じてきます」

少し古いですが、
「野茂のトルネード投法」

真似をすると、みんな腰をひねります。

実際、野茂のトルネードを見ると、股関節でかなり動きを作り、腰はそれほどひねっていない事がわかります。
*著作権の関係で、画像貼れないですが、ググってください。

その真似を続けると、腰痛が生じてしまいます。

これも無理なアーサナーと同じです。

身体の使いやすさは人それぞれに違います。

関節の可動域、筋力が異なるため、
「同じような」運動をするにしても、

股関節で動くのか?
腰痛で動くのか?
胸椎で動くのか?
肩関節で動くのか?

それぞれのバランスが異なり、使いやすい場所も異なってきます。

そのため、無理のない範囲でも、目的の動作に届かないと
「使いやすい関節が無理をして動きを作る事」になります

それが、傷害の原因となります。

*腰痛・五十肩・ひざ痛にしろ
全ての慢性的・経年的な疾患はその使いやすさ・使いづらさに起因しています。

無理なアーサナーは身体を壊すことを理解しましょう

  • LINEで送る

痛みが取れない…手術してから調子が悪い方は筋膜整体「CoCoからだ」へ

理学療法士・ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしての豊富な知識・経験に基づきコンディショニングを致します。
個別での筋膜調整なら市川妙典の「COCOからだ」筋膜整体院で

詳細はこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください