痛み

ランニング中に膝裏が痛くなるランナーへ。その原因と対策

  • LINEで送る

ランニングに伴う「痛み」は色々なものがあります。
有名なところですと

  • 腸脛靭帯炎
  • 足底筋膜炎

などでしょうか?

時々、膝の裏が痛くなる方がいらっしゃるんですが、
「色々な治療を受けても治りませんでした」という 方が多く見られます。

今回は、

「ランニング中に膝裏が痛くなる原因と対策」
についてお伝えします。

ランニンング中に膝裏が痛くなる原因は?

色々な治療を受けてきたけど治らなかった…
というところからわかるように、
原因が特定されていないことがほとんどです。

そして、実際に「組織の損傷」など痛めている部位がなかったりします。

そうなんです。実は

「原因はない」んです。

ランニング中に膝が痛くなる原因はない

原因がない!っと言ってしまうとそれまでですが、
損傷など器質的な問題となる手前、が原因となっています。

もちろん、器質的な原因はありませんが、
「痛みが生じる」原因はあります。

それは、誰でも生じる「足が攣って痛い」などと同じ原因です。

ランニング中に膝裏が痛くなるのは筋膜のせい

膝裏は、軟部組織が入り組んでいます。
特に、

  • ハムストリングス
  • 腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)

は腕を組むようにねじれて接しています。
この後ろの筋肉の滑走性が悪いと、「痛み」となって表出します。

その滑走性が悪いのは、「筋膜の癒着」のためだと考えられます。

ランニング中の膝裏の痛み対策

原因が、「膝裏の筋肉の滑走の悪さ、筋膜の癒着」
とわかったので対策は簡単です。
膝裏の筋肉を緩めてあげればOK

そのためには、

  •  膝裏の筋肉のストレッチ
  • 足裏の筋肉のストレッチ
  • 走り方の改善

が必要になります。

膝裏の筋肉のストレッチ

重要なのは、膝裏の筋肉がスムーズに動いてくれることです。
ストレッチ 小.jpg

はじめはこのようなストレッチが有効です。
一人で行う場合は、膝裏を抱えて行なったり、

ストレッチ.jpg

このように行いましょう。
注意点としては、

「腰を丸めないように!!」

慣れてきたら

ダウンドッグ 小さい画像.jpg

ダウンドッグのポーズで、全身の後ろ側を伸ばせるといいですね。

足裏の筋肉のストレッチ

足裏はシンプルにマッサージをしましょう

足裏マッサージ 小.jpg

このように手で行なったり、
テニスボールやゴルフボールを足裏で転がすでもOKです。

走り方の改善

足の後方の筋肉に負荷がかかると痛めやすくなります。
そのため、足幅が大きければ大きいほど、負荷がかかりやすいので痛めやすくなります。

身体が柔らかくなるまでは、
ストライドではなくてピッチを優先に、足幅を狭めて走るといいでしょう。

まとめ

今回は、
ランニング中に膝裏が痛くなる原因と対策についてお伝えしました。

膝裏が痛くなる原因は、
筋膜の癒着によるもの。

対策は、

身体の柔軟性を高める
走り方を変える

ことです。

それでも変わらない…
なんとかしたい…

という方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

therapistmasaki@gmail.com

  • LINEで送る

痛みが取れない…手術してから調子が悪い方は筋膜整体「CoCoからだ」へ

理学療法士・ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしての豊富な知識・経験に基づきコンディショニングを致します。
個別での筋膜調整なら市川市本八幡の「COCOからだ」筋膜整体院で

詳細はこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください