セラピストへ

スポンサーリンク
認定理学療法士

認定理学療法士、必須研修「労務職場管理・品質管理」

「労働者は法律により守られています」 素敵な言葉ですね。 リハビリテーション業務は、労働環境がその部門のトップによりだいぶ変化するのではないでしょうか? 労働環境が良くなる = 個人の技術が上がる ではないので、な...
認定理学療法士

認定理学療法士必須研修「医療安全」

医療安全は当然のこと、労務・職場管理も超重要ですよね。ましてや、「働き方改革」が叫ばれる昨今。「勉強」「研究」で夜遅くまで残って働くことは良しとされない世の中になりました。これがいいか悪いかは微妙ですけど…理学療法は技術職勉強・研究も残業...
認定理学療法士

認定理学療法士必須研修「臨床・疫学研究の推進」

理学療法士における臨床推論とは? 臨床推論は「クリニカル・リーズニング」とも言われ、理学療法の醍醐味的なところです。 「病態を推測し、仮説に基づき最も適した介入を決定していく一連の心理的過程」 であるので、気づき・知識・...
認定理学療法士

認定理学療法士指定研修「根拠に基づく理学療法〜理学療法診療ガイドライン〜」

今回は、 「根拠に基づく理学療法」 私も、システマティック・レビューに協力していますが、ガイドラインづくりって本当に大変です…ぜひ有効活用しましょう。 使う使わないは置いておいて、 知識として持っていることは大切!...
認定理学療法士

認定理学療法士への道「共通問題:科学と倫理」

重い腰を上げ、「認定理学療法士」取ることにします。今まで取るつもりはなかったのですが、どうやら「理学療法士」として働く上では取っておいたほうが良さそう…今、理学療法士になった人は取りやすいのですが、私のように中途半端な年代だと取りづらい…...
物理療法

高周波治療とは何かを簡単にわかりやすく 超音波編

前回の記事の続きです。・電気治療は「周波数」によって異なる・基本的に「低周波」が治療に使われる・高周波は温熱作用でした。 今回は、「高周波」についてです。有名な「超音波」最近話題の「ラジオ波」あまり見なくなった「マイクロ...
物理療法

Hi-volt(HV) ハイボルテージ 高電圧電流療法について

前回の記事にも書きましたが、HV (Hi-volt)はかなり使いやすいです。単独で使ってもよし、コンビネーションで使ってもよし。 今回は、HVについて少し詳しく記載していきます。 ハイボルテージは、電気抵抗を最小限にする ...
物理療法

物理療法を基礎から。電気治療メインに編

「物理療法」というと何をイメージするでしょうか?一番、わかりやすいのが「低周波」ですかね?一般向けの商品もありますし、意外と多くの人が持っています。久しぶりにおじいちゃんの家に行ったら置いてあったとか…今回は、「物理療法」の中でも「電気治...
問診

問診にこそ時間をかけよう。その人の物語が書けるレベルに

問診ってどうしても甘く見られがちだと思います。しかし、「問診」ってやればやるほど奥が深いんですよね。経験を重ねるにつれ、どう深層を聴きだそうかとコミュニケーションテクニック、心理学なども勉強するようになりました。 これから、理学療法...
スポンサーリンク