基礎

認定理学療法試験まとめ 科学と倫理

  • LINEで送る

認定理学療法士試験2020のためのまとめです。
今回は
「科学と倫理」

引っ掛けどころ満載の分野ですね。

認定理学療法士試験2020に向けてのまとめ「科学と倫理」

医学の流れ

ヒポクラテスの誓い

  1. 無危害の原則
  2. 恩恵の原則
  3. 正義の原則
  4. 守秘義務

「正義」は「黙って」「危害」ではなく「恩恵」を与えよう

素晴らしい考えだが、「医師中心」の考えなので、
「パターナリズム」医療を拡大したと批判的な見解もある

その後、「ベルナール」の「実験的医学序説」により、経験→実験の考えが進み、第二次世界大戦のころに「医学研究」が大幅な進歩を遂げる。

が、「人体実験」などの非人道的行為が批判され、

1964年に「ヘルシンキ宣言」
科学的観点からだけでなく、「倫理的な観点」からの妥当性が必要とされるようになった。

  • 全ての人間に対する尊厳を深め、健康と権利を擁護する基準に従わなければならない
  • 実験手続きの計画書には、考察・論評・助言を添えて、特別に指名された「倫理委員会」に提出しなければならない
  • 医学研究は、対象者の自由意志による「インフォームド・コンセント」をできれば「文書」でえなければならない
  • 研究は、「ネガティブな結果」も公表されなければならない

患者側中心の考えへ「患者の権利に関するリスボン宣言」

消費者中心の考えへ世の中が進む中、
医療も「患者中心の考え」へ

主語は利用者の「リスボン宣言」により、チーム医療が必然となった。

患者中心の考えは、

  • 病気へのレッテル貼り防止
  • 個人情報保護(生存している個人に限る)

へと拡大していく。

倫理学の考え方

倫理学は「どこを中心に捉えるか?」が大切
基本理念は「人間とは理性的な存在である」ということ

「ヒト」と「人格」を区別して考える。

「人格概念」を前面に出す立場が「パーソン論」と言われ、
欧米の生命倫理に関する議論の中心理念となっている。
「人格」を特徴づけるのは、自己意識・理性・道徳・感覚

「ヒト」=生物学的概念を中心とするのは「日本人」
「人格」=人間を固有な存在として認知するのが、欧米諸国。

脳の死? or 心臓が止まるか? 概念に近い感覚。

日本人は、「生まれつきの性質と形ある身体」への意識が強い。
「形式主義」「マニュアル偏重」
のため、「他人からどう見られるか?」の考えが強い。

それが、「障がい者の社会復帰」を困難にしている理由の一つ

価値観の背景に

  • 欲望
  • 利害(利益追及)
  • 序列
  • 無欲

があり、「無欲の心理」が倫理的と言われている。

医療の倫理はどうだろうか?

医療倫理の変遷

「健康とは?」

・完全に良好な状態

という解釈であると、
「病人」「高齢者」などの弱者への蔑視・差別の増長となる。

ノーマン・ダニエルズが「健康の正義論」で

  • welfareへの機会を守る
  • 社会的要因による不公正な健康格差は不正義
  • 健康ニーズの合理的な分配の説明ができるようにする

と明記。
「医療倫理」から「生命倫理」への転換。
背景として

  • 高齢者の増加
  • 慢性疾患の表出
  • 植物状態患者の増加

さらに、「環境倫理」への発展

  • 自然の生存権
  • 世代間倫理
  • 地球全体倫理

となっている

医療事故と医療職の責任

我々「理学療法士」は、国家資格であるため、

「民事責任」だけでなく「行政上の責任」も担わなくてはならない。

最善の「注意義務」を要求されるが、それは
「診療当時の臨床医学の実践医療水準」
であるため、「不勉強」であると裁判に負けることとなる。

まとめ

やはり医療の流れというところは抑えていた方がいいですね。

ヒポクラテスから人体実験、その否認と患者中心の考えへ。
さらに「人」から「社会」、「地球全体へ」です

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください