スポンサーリンク

「運動はダイエットに効果的?効果的な方法を再検証」

スポンサーリンク
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク

Wonderers ダイエットサポート 27

ダイエットは

  • 運動
  • 食事

の2本柱が効果的なので、皆さんにはその2つを行なっていただいております。
「食事」に関しては、「糖質制限」がだいぶ世間的にも浸透してきており、

  • 炭水化物を減らす必要がある
  • 脂質で脂肪がつくわけではない
  • ドレッシングはかなり糖質を使っている
  • 100%ジュースを含め、ジュースは太りやすい
  • 水分摂取は血糖値の上昇を抑えるために有効

ということは「常識」となってきていますよね。

ただ、「運動」に関してはまだまだなので、今回は「運動」についての知識を共有させていただきます。

スポンサーリンク

運動はダイエットに効果的なのか?

運動には

  • 有酸素運動 (呼吸機能を使うような運動)
  • 無酸素運動 (筋肉をつけるような運動)

があります。

ウォーキングやジョギングが有酸素運動で、
筋トレが無酸素運動にあたります。

それぞれ特徴があるのですが、原則的に

「運動はいいこと」
であるということです。

ただ、それぞれにデメリットもあるので、メリットを活かしきれずにデメリットが活かされてしまうと、ダイエット効果がなくなってしまうので注意が必要です。

有酸素運動のメリットとデメリット

有酸素運動のメリットは、

  • 慢性的な炎症の抑制
  • 気分転換、リフレッシュ
  • 呼吸機能の向上

になります。

そして、デメリットというと

  • 食欲増進
  • 無理ができるので、無理をすると身体が硬くなる

という事が挙げられます。

それぞれ細かく見ていきましょう

有酸素運動のメリットを細かく考える

先述したように、

  • 慢性的な炎症の抑制
  • 気分転換・リフレッシュ
  • 呼吸機能の改善

などのメリットがあります。

有酸素運動は慢性的な炎症を抑制してくれる

これは以前もお伝えしましたが、
特に、現状でBMIが高くやや太り気味の方にはとても有効です。

理由は、

「脂肪細胞は慢性炎症を引き起こす」

ためです。
慢性的に炎症が起きているとダイエットどころではありませんよね?
特に、

「痩せるというよりも、健康的に美しい機能的な身体を作る」

ことを目標としている私たちにはまず解決したい問題です。

健康な身体=動きやすい身体 ですからね。

有酸素運動は気分転換・リフレッシュ効果がある

ストレスについてもお伝えしましたが、
ストレスはダイエットの天敵です。

そして、軽い有酸素運動はストレスを解消してくれます。
幸せホルモン、として有名なセロトニンの分泌を促してくれます。

セロトニンは20~30分の継続した運動が必要なので、
有酸素運動が最適ですね。

有酸素運動は呼吸機能を改善してくれる

これはなんとなくわかると思いますが、
無酸素運動ではなかなかそこまで追い込めません。
筋肉は追い込めますが、呼吸機能はそれほどでもないですよね。
HIITのように追い込んでしまえばいいのですが、なかなかそこまで難しいですよね…

*ただ、HIITはオススメですよ

体幹の機能を作る「インナーユニット」

その4天王が

  • 腹横筋
  • 多裂筋
  • 骨盤底筋
  • 横隔膜

です。

横隔膜は呼吸筋として有名ですよね?
通常の筋トレでは鍛えづらい「横隔膜」
有酸素運動をうまく利用してトレーニングしていきましょう。

有酸素運動のデメリットを細かく考える

次は有酸素運動のデメリットです。

どうしても

「食欲増進」は外せません。
というのも、有酸素運動は基本

「気持ちのいい範囲」での運動となります。

それほど追い込むことはありませんよね?
すると…

食べたくなる…

呑みたくなる…

筋トレや、スポーツ活動など無酸素運動で追い込むと、逆に食欲は抑制されます。
筋肉に負担がかかり、筋損傷からの治癒がメインとなるので、
消化吸収に力を使っている場合ではないからでしょうか?

有酸素はどうしてもエネルギーを補給したくなります。
気持ちのいい範囲の運動なので、まだ余裕があります。

そして、消費したエネルギーは補給したい…

そりゃ栄養とりたくなりますよね?

水分も消費したので、スカッとビールなんて…

これが有酸素運動の最大の弱点ですね。

有酸素運動の上手な使い方

原則として、

  • 運動後に食事できない環境で運動する
  • 運動後に食事をとる時間帯に運動する

事が大切だと思っています。

例えば、
昼間や、夕食前に有酸素運動をすると

「たくさん食べたり飲んだりする時間的な余裕があります」

では、
食後21時くらいから有酸素運動をしたらどうでしょうか?

運動して、シャワーを浴びたらもう寝る時間です。

そこからどか食いなんて…
意識的に抑制されます。

もしくは、
朝食前、5時に起きて有酸素運動したらどうでしょうか?

朝食でしっかり食べたとしても、日中の活動でエネルギーは消費されます。

このように、有酸素運動をする時は、「食欲増進」がその後に起きることを考え、

それでも大丈夫なタイミングで有酸素運動をする事が大切ですね。

まとめ

・有酸素運動にはメリット・デメリットがある

・メリットは抗炎症作用、ストレス解消、横隔膜トレーニング

・デメリットは食欲増進

・有酸素運動をする時はタイミングを気をつけて

長くなったので、無酸素運動については次回にしますね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント