スポンサーリンク

それでも腹筋を鍛えたほうがいい理由〜ダイエットには大きな筋肉と姿勢保持が重要〜

スポンサーリンク
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク

いきなりですが、今までの身体機能とダイエットについてまとまると

  • 姿勢は良いほうがいい
  • シックスパックの腹直筋ではなく、インナーユニットが大切
  • 筋肉は糖質の貯蔵庫になるので、筋肉量は多いほうがいい

となります。
全て重要なのですが、

筋肉をつけよう = 腹筋をしよう!!

と短絡的に考えてしまうと大きな間違いをしてしまいます

スポンサーリンク

いきなり腹筋運動(sit up)をやってはいけない理由

皆さんにはお伝えしていますが、

腹筋 = 腹直筋 

ではありません。
むしろ、腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群により作られる

インナーユニット

が超重要です。

ここがしっかりしていない状態でsit upと呼ばれる腹筋運動を頑張ってしまうと、

腰痛になってしまいます…

そりゃそうですよね?姿勢が、体幹が安定していないんですから…

腹直筋の活動、sit upの運動は、「身体を曲げる」動作となるため、
逆に姿勢が悪くなってしまいます。
姿勢が悪くなると、

  • 神経系の働きが悪くなる
  • 胃腸の働きが悪くなる
  • 免疫力が落ちる
  • 風邪をひきやすくなる
  • 疲れやすい身体になる

といった症状に陥ってしまいますので、まずはインナーユニットを賦活しましょう。

それでも腹直筋は必要

では、「腹直筋」は必要なのでしょうか?
インナーユニットがしっかりしてくると、腹直筋もついてきます。
それは

「生活の中でトレーニングされているから」

です。

腹直筋の役割

基本的に、姿勢・動作の際に体幹を「まず」安定させるのはインナーユニット
しかし、それだけでは不十分の状態に陥ることがあります

  • 急な動作
  • 疲労時
  • パワーがより必要な時

そんな時は、インナーユニットが働いた上で、さらに周囲の筋肉が働くのですが、

腹筋:背筋 のバランスはどうしても背筋優位となりやすくなります。
そのため、肩が凝る・背中が凝る・腰が痛い
といった症状が出てきます。


背骨はどこにあるでしょうか?
「背骨」というだけあって、お腹と背中では、だいぶ背中側にあります。

身体の中心軸となっている骨があるのは背中の近く。

そのため、姿勢は背筋でコントロールすることが多くなりますよね。
その調整のために「腹直筋」が必要なんです。

腹部は大きいスペース

また、腹直筋がつくということは

「腹部の大きいスペースに筋肉がつく」ということ。

筋肉は「糖質」を蓄える役割があります。
単純に筋肉が多ければ、糖質を蓄えられるので、
糖質→中性脂肪 に変換しないで済みます。

単純に太りづらい

単純に、腹筋がキレていると美しい

これは言うまでもありませんね。
男性だろうが、女性だろうが、
キレている方が美しいですよね

腹直筋をつける方法

腹直筋をつける方法は色々あります。
上部と下部を分けることが多いですね。

ただ、寝て身体を起こす sit upという方法は避けたほうがいいでしょう。
身体を壊す元になります。

腹筋の役割は…

姿勢コントロール

が中心です。
そのため、

姿勢を保持するような運動

がベストです。

30日プランクチャレンジ|キツイけど効果大|小さな成功で人生変わる

このサイトにあるように、身体を安定させて、手足を動かす

こういった運動を行なっていくと効果的ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット1ヶ月チャレンジ運動・トレーニング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント