スポンサーリンク

「足を太くしない!キレイに痩せるためのダイエットウォーキングの方法」

スポンサーリンク
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク

Wonderers ダイエットサポート 

今回のテーマは「歩き方」
「運動でウォーキングをしています」
という人は結構いると思います。
実は「歩く・ウォーキング」ってすごい難しい動作なんです。

スポンサーリンク

「ウォーキングをする時に意識するべきことは?」

みなさん、歩くときには何を意識すればいいんだろう?
と悩むことが多いと思います。

よく言われていることは、

  • 10mくらい先を見て
  • 胸を張って
  • 腕をしっかり振りながら
  • カカトから着いて
  • つま先で蹴り出す

など。
ただ、それを意識して行なっても難しいですよね?
それもそのはず、
「歩く」って全身を使った動作になるからです。

「理想のウォーキングのやり方は?姿勢はどうするのか?」

極論を言ってしまうと、人それぞれなんです…
人間って、それぞれ容姿が違いますよね?
それと一緒で、姿勢も違えば動作も違います。
そもそも、

  • 体重
  • 骨盤の大きさ
  • 足と身体の長さのバランス
  • 筋力
  • 関節可動域(身体の柔らかさ)
  • 感覚機能

などの身体・認知条件が全然違うんですからね。

さらに、

  • 生活環境
  • 性格や振る舞い
  • その時の精神状態

も違うので、「理想とすべき歩き方」は人それぞれ…

そのため、

「こういう歩き方をすればOK」

というのは人それぞれ違うということです。
*一般的な「歩き方の方法」はあくまで一般論ですね。
「正常」と呼ばれる歩き方をしている人はほとんどいません。
それぞれ微妙に「癖がある」のが「歩き方」です。

’与えられた環境や条件に適合した結果、人々はそれぞれ異なるように歩く’ Mulder 2001

ごもっともですよね。
個人的には、普段の姿勢・歩き方(意識しての)が、無意識での歩き方・生活での動きに反映してこないと

その中でも、「より効率的な歩き方」はあります。

「キレイに脚やせしたい・ダイエットしたいならウォーキングで早歩きをしよう」

歩き方にも色々あります。
日本語は表現が豊かなので、本当にたくさん「歩き方を表現する方法」があります。

  • テキパキ歩く
  • キビキビ歩く
  • よちよち歩く
  • フラフラ歩く
  • ペタペタ歩く
  • てくてく歩く
  • トボトボ歩く
  • ぷらぷら歩く
  • スタスタ歩く
  • ウキウキ歩く
  • のっしのっし歩く

などなど…

その中で、歩き方による違いを研究したものもあります。

「歩き方の違いによる運動力学的な違い」

「意気消沈歩行」
「幸せ歩行」

が、運動力学的にどう違うかという研究があります。
*Kirtley et al 1985 / Kirtley 2001

「意気消沈歩行」

「幸せ歩行」

  • 歩行スピードの減少
  • 歩幅の減少
  • 歩行の回転数の減少
  • 両脚で支える時間の増加

  • 歩行スピードの増加
  • 歩幅の増加
  • 歩行の回転数の増加
  • 両脚で支える時間の縮小

これらが意味するものは

’幸せ歩行の方が、効率的な「歩行」ができている’
ということです。
実際、

  • 前方推進力
  • 腕の振り
  • 直立した体幹部
  • 適切なロッカー機能(足部の機能)
  • 股関節の適切な動き
  • 身体重心の適切な動き(左右への動揺が少なくなる)

を意識しながらウォーキングするのは不可能に近いです。
これを「幸せ歩行」つまりは早歩きをするだけで獲得できるんですから。

「ぜひ早歩きをしましょう!何も考えずに!」

なぜか?

実は、「動作」というのは、色々と考えると良くありません。
同じような動作の繰り返しの代表格「ゴルフ」
「ゴルフはメンタルのスポーツ」
と呼ばれますが、相手の調子を崩すには

「さっきのショットすごいよかったね!あれみたいに打てばいいんだよ!」

と言えば、相手の調子はガタガタ…

有名なテニス・ゴルフの「コーチング」本では、
「自分の頭の中でごちゃごちゃ言ってくる脳の中の自分は無視しろ!」
と言っています。

頭で考えていることが、身体の動きに反映させることはそれほど難しいのです。

何も考えず

『ウォーキングを早歩きで!』

まずはそれから始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット1ヶ月チャレンジ運動・トレーニング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント