スポンサーリンク

「ダイエット1ヶ月チャレンジ10」痩せるためには、筋力トレーニングも必要か

スポンサーリンク
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク

「ダイエットにおける筋トレの重要性」

筋トレは、3種類に分けた運動の1つです。

  • 有酸素運動
  • 無酸素運動(筋トレ)
  • ヨガなどのストレッチ様運動

「筋トレが苦手」という人も多いと思います。
実は…私も、あまり好きではないです…

ですが、
「筋肉」をつけるのは、ダイエットにとってとても大きいメリットがあります。

それは、俗にいう

「基礎代謝を上げる」ではありません。

スポンサーリンク

「ダイエットにおける筋トレのメリットとは?」

筋肉は、「パワーを生み出す」だけではありません。

実は…

「余剰な糖質を蓄える場所」

としての機能があります。
どういうことでしょう?

復習します。

食事から摂取した糖質は、消化吸収され、インスリンにより身体に取り込まれます。

血中にある状態(血糖値が高い状態)で運動をすれば、そのまま消費されます。

消費されなければ、まず肝臓、次に筋肉へ蓄えられます。

それでも血糖値が高い状態ですと、

「中性脂肪」として蓄えられます。

つまり、摂取した糖質は、

  1. 血中にある状態で運動して消費
  2. 余っていると肝臓・筋肉に蓄えられる
  3. それでも余ると、中性脂肪になる

なので、初めの2つをクリアしてからでないと、中性脂肪として蓄えられないのです。

つまり

「筋肉量が多いということは、脂肪が蓄積しづらい、太りづらい」

と言えます。

「でも筋トレは辛すぎる…という人へ」

そんなことわかっているけど…
筋トレは辛いよ…

そんなあなたに朗報です

「筋トレの新常識 負荷✖︎量」

筋トレは今まで、

「負荷量は最大筋力の80%以上が必要」

と言われていました。
「ギリギリ10回できる回数」というようにも言われていましたね。

しかし、それが一変しました。

今の常識は

負荷量✖︎回数

軽い重さを回数こなせばいいのです。

回数こなせなくても、やれば蓄積されるのです。

さぁ、筋トレやりましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント