スポンサーリンク

「ダイエット1ヶ月チャレンジ9」運動のダイエット効果を3つに分類

スポンサーリンク
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク

運動は、

  • 慢性炎症の改善に効果的
  • 筋肉を無意識で使う習慣がつく
  • 筋肉がつく

という効果があります。

また、習慣化してくると、

  • ストレス解消
  • 自律神経の調整

など、メリットが増えてきます。

では、瞑想から始めた運動をどう進めていくべきでしょうか?

スポンサーリンク

「運動を3種類に分ける」

運動には、

  • 有酸素運動
  • 無酸素運動(筋トレ)
  • ヨガなどストレッチ様の運動

に分けられます。
それぞれ、目的とする主な効果が違います。

まずオススメしている

「瞑想」

これは、全てのベースになるもの
と考えてください。めちゃめちゃ重要です。

それをしっかり行った上での運動です。

「有酸素運動に期待する効果」

有酸素運動は、

  • ウォーキング(ジョギング)
  • 水泳
  • 自転車

など、それほど「筋力」は必要としないけれど、呼吸機能を必要とする運動です。
俗に言う「体力」ですね。

実は、有酸素運動は、

  • カロリー消費
  • 筋力強化

にはそれほど大きな影響を与えません。
*長時間行えば効果はどんどん増えますが

では「有酸素運動」には何を期待できるのでしょうか?

それは

  • 体内の慢性的な炎症の解消
  • 血糖値の低下
  • ストレス解消

です。

特に、「脂肪の多い人」は超重要。

脂肪はあるだけで炎症反応を引き起こします。
そして、それがまた太りやすい原因となる「悪循環」となってしまいます。

そのため、

定期的に軽い有酸素運動を行うことで、

「太らない様にブレーキを掛ける」
ことができます。

一度太ってしまうと痩せずらいのは事実…
軽いウォーキングで構わないので、続けることが重要です。

また、食後の運動は、血糖値自体の上昇を抑制することができるので、

「食べ過ぎちゃったかな?」

と感じた時は、軽い有酸素運動を行うと、つじつま合わせができますよ。

*長くなってしまったので、

・無酸素運動(筋トレ)

・ヨガなどストレッチ様の運動

は次回以降にお伝えします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント