スポンサーリンク

「ダイエット1ヶ月チャレンジ4」炭水化物の考え方。精製されるほど「糖質」が多くなり、「食物繊維」が減っている

スポンサーリンク
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク

「ダイエットにおける炭水化物の考え方」

炭水化物 = 糖質 + 食物繊維
ということはお伝えしました。

そして、その中の「糖質」が太る原因です。
ですので、「栄養成分表示」をしっかり見て、
糖質の割合を知ることが重要です。

*糖質表記がなく、「炭水化物表記」のみの食品は注意が必要です。

スポンサーリンク

炭水化物=悪なのか?

炭水化物 = 悪というわけではありません。
「糖質の割合が多くなっている炭水化物」が悪です。
精製されるということは、
食物繊維を削ぎ落として、「糖質」メインにしている
ということです。
ですので、お米でも、パンでも
「白く、精製されているもの」
は非常に危険になります。

血糖値・体重変化に関与するGI値

GI値(グリセミック指数)という
「血糖値が上がるスピード」
を数値化したものがあります。
GI値が高い食品は、血糖値を急激に上げるので、インスリンが急激に出るので太りやすくなります。

体重コントロールのためには、

  • 血糖値
  • インスリン

の値が緩やかな変化でコントロールされている状態が理想的です。

GI値について簡単にいうと、
GI値が高い方が太りやすい、と考えてください。

上記の図を見てわかるように、
GI値が高い食品は

  • 高度に精製されたもの
  • 甘みのあるデンプンを多く含む野菜
  • 原材料が穀物(小麦やお米)のお菓子

になります。

なんとなく、「太るものだ…」と理解できますよね?

「GI値が高い食品は、同時に食物繊維を摂ることが重要」

上記の図で、

「にんじん・かぼちゃ・ジャガイモ」もダメなの!?
野菜じゃん!?
と感じると思います。

確かに、それらは太りやすいものではあるのですが、

「加工」されていません。

そのため、食物繊維が豊富」なので、炭水化物(穀物)やお菓子よりは太りづらくなります
食物繊維を一緒に摂ることで、血糖値の上昇を抑えられるのです。

なぜ、肥満が多くなってしまったのか?

という答えの1つが、

「加工された食品・高度に精製された食品を食べることが多くなったから」

になります。

「一般的に食べていて、注意すべき食品は?」

注意すべき食品は、

「加工食品」「炭水化物」です。

白米よりも玄米のほうがいいですし、
普通のパンよりもブランパン・ふすまパンのほうがいいです。

また、白米だけで食べるより、納豆や野菜を一緒に食べるといいですし、
パンにバターだけよりも、食物繊維が豊富なレタスを挟んだサンドイッチがいいですね。

オンラインダイエット

「オンラインダイエットサポート」が好評です。

ダイエットでお悩みの方は、相談だけで構わないので、一度ご連絡ください。
ダイエットは「知識」です。
知らないで損しないように、今「知識」を身につけましょう。

★連絡先
therapistmasaki@gmail.com
050-7108-8404
https://www.facebook.com/supportyouraction/
@therapistmasaki

★最大限サポートさせていただきますので、同一時期にのご利用は5名様までとさせていただきます。定員に達している可能性がありますので、ご了承ください。

「まとめ」

・「炭水化物」の中でも、「糖質」「食物繊維」の割合に注意する

・精製されればされるほど、加工されればされるほど、太りやすくなる

・炭水化物を摂るときは、一緒に食物繊維を摂るようにする

・食物繊維をとりづらい「甘いパン」は太りやすい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット1ヶ月チャレンジ食事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント