スポンサーリンク

「ダイエット1ヶ月チャレンジ3」リバウンドはなぜ起きるのか? 〜ホメオスタシスの観点から考える〜

スポンサーリンク
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク

ダイエットは人類の永遠の課題です。
1800年代後半から「肥満」が問題になり始め、
世界に広がっています。

この図は、
「日本生活習慣病予防協会」のHPからのものです。
1975年~2014年のわずか40年間で、
肥満人口世界的に増加していることがわかると思います。
当時から肥満が健康に悪影響を与えることがわかっていましたが、
結果的にどんどん肥満人口が増えてしまっています。
その要因の1つが

「リバウンド」

リバウンドさせしなければ、ダイエットに成功する人はたくさんいることでしょう。

スポンサーリンク

ダイエット後のリバウンドはなぜ起きるのか?

リバウンドの原因は、色々考えられますが、

「脳は出来るだけ体重をキープしようとする」

ということがその中の1つに挙げられます。

  • 食べる量を減らしているのに、なかなか体重が減らない
  • たくさん食べているのに、体重が増えない

という人は結構いますよね。
その理由が、
「脳が体重をキープしようとしているため」です。

ホメオスタシスの働き

人間の身体は、「ホメオスタシス」という機能があります。
ホメオスタシスとは、
「その状態を維持しようとする機能」です。
身体の変化に対して、常にバランスを取ってくれている機能ですね。

例えば、食事・運動のエネルギーの場合、

食事から摂るエネルギー量を減らすと、消費エネルギー量が勝手に減る

という反応が見られます。
逆も同様です。

ダイエットを開始して、
→体重が減って
→脳が設定体重を変更する

というステップがあるのですが、
無茶なダイエットは、「我慢」をしているので、体重が減った時点で満足してしまい、脳の設定変更を待たずにダイエットを辞めてしまう傾向があります。

それがリバウンドの原因です。

脳の設定変更を待たずに、食べる量を戻してしまうため、
摂取エネルギーが多いのに、消費エネルギーが少ないという状態が続いてしまいます。

脳の設定変更を待ち、リバウンドのしないダイエットをするためには、

ストレスが溜まるような無理な制限はかけないで、
少しずつ、少しずつ、生活を変えていくようなダイエットが必要ということになります。

飲み会などで飲み食いを楽しんでも、体重がすぐに下がってくる感覚は気持ちがいいですよ♪

オンラインダイエット

「オンラインダイエットサポート」が好評です。

ダイエットでお悩みの方は、相談だけで構わないので、一度ご連絡ください。
ダイエットは「知識」です。
知らないで損しないように、今「知識」を身につけましょう。

★連絡先
therapistmasaki@gmail.com
050-7108-8404
https://www.facebook.com/supportyouraction/
@therapistmasaki

★最大限サポートさせていただきますので、同一時期にのご利用は5名様までとさせていただきます。定員に達している可能性がありますので、ご了承ください。

まとめ

  • 脳は「その時期ごとの」適切な体重を設定し、それを維持できるように体重をコントロールする
  • 基礎代謝などを含めた「消費エネルギー量」は「摂取エネルギー量」に比例する
  • 「消費エネルギー量」は、「摂取エネルギー量」が安定してから、安定する
  • リバウンドの主要な原因は、脳の体重設定がまだ高いままであることが多い
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット1ヶ月チャレンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント