ダイエットの難敵、ストレス太りは存在した。過食・食べ過ぎもホルモン「コルチゾール」のせい

スポンサーリンク
ダイエット部
スポンサーリンク

よく「ストレス太り」って聞きますよね。
ストレスが我慢できずに

  • 食べ過ぎる
  • 甘いのもをたくさん食べる

というのはよく聞きます。
そして、

体重が増える…

定番コースですが、
それは身体がそうコントロールしているからなんです。

スポンサーリンク

イライラなどのストレスがかかるとどうなるか

ストレスが人間にかかってくると、

「コルチゾール」

と呼ばれるホルモンが産生されます。
コルチゾールは「闘争・逃走反応」を引き起こすホルモンとして有名で、
交感神経が優位になる働きがあります。

ストレスホルモン「コルチゾールの働き」とは

「闘争・逃走」反応、つまり戦うか逃げるかを身体に準備させるホルモンなので、
活動的になります。
ちょっと興奮したような状態ですね。
消化・吸収機能は一時停止し、

  • グルコースの利用が促進され
  • 筋肉にエネルギーが供給され
  • タンパク質が分解されグルコースに変わる

そのため、
「むしろ痩せそう」
と思いますが、これが長期化することで悪い方向へ転がって行きます。

ストレスホルモン「コルチゾール」が慢性的に出続けるとどうなるのか

コルチゾールは「闘争・逃走反応」のため、グルコースを使いやすい状態にします。
これが、本当にライオンに襲われるような「闘争・逃走反応」なら良いのですが、現代のストレスは違いますよね?
そんな簡単に解決する問題ではありません。

  • 仕事
  • 家庭
  • 人間関係
  • お金

など、長期的な問題がほとんどです。

長期的にコルチゾールが放出されている状態になってしまいます。
そうすると、

血中のグルコースの値(血糖値)が高い状態が続いてしまいます。

そうなると・・・血糖値は下げなくてはいけないので、

インスリンの登場です

インスリンは肥満ホルモン

これはもう有名なお話
インスリンは血糖値を下げるために、
血中グルコースを蓄えます。
まずは、肝臓と筋肉
貯める場所がなければ、脂肪に…

まとめ

  • 血糖値のコントロールはダイエットに最も重要
  • 血糖値の自動的なコントロールはホルモンがしている
  • ストレスホルモンは血糖値を上昇させる
  • ストレスが長期化すると、肥満ホルモンであるインスリン濃度が上昇する
  • インスリン濃度が高いと、摂った栄養が脂肪として蓄えられやすくなる

血糖値をコントロールすることを以前お話ししてきましたが、
そのためには、ストレスを減らすことも重要ですね。

ストレスを減らすには、セロトニンの力を借りましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット部栄養
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント