性格・気分が歩き方にどう影響するのかを考えよう

スポンサーリンク
ダイエット部
スポンサーリンク

友人の歩きを見て、

あれ?なんか嫌なことあったのかな?
今日はずいぶん嬉しそうだな?

などわかりますよね?
その人の気分や性格が投影されやすいものの代表が「歩き方」です。

スポンサーリンク

色々な歩き方の表現

歩き方は色々表現されます

  • テキパキ歩く
  • キビキビ歩く
  • よちよち歩く
  • フラフラ歩く
  • ペタペタ歩く
  • てくてく歩く
  • トボトボ歩く
  • ぷらぷら歩く
  • スタスタ歩く
  • ウキウキ歩く
  • のっしのっし歩く

多分まだたくさんあるんでしょう。
それだけ歩き方に特徴があるということですよね。

意気消沈歩行と幸せ歩行の比較

  • 意気消沈歩行
  • 幸せ歩行

が、運動力学的にどう違うかという研究があります。
*Kirtley et al 1985 / Kirtley 2001 

意気消沈歩行

歩行スピードの減少
歩幅の減少
歩行の回転数の減少
両脚で支える時間の増加

幸せ歩行

歩行スピードの増加
歩幅の増加
歩行の回転数の増加
両脚で支える時間の縮小

これらが意味するものは

幸せ歩行の方が、効率的な「歩行」ができているということです。
実際、

  • 前方推進力
  • 腕の振り
  • 直立した体幹部
  • 適切なロッカー機能(以下のリンクをご参照ください)
  • 股関節の適切な動き
  • 身体重心の適切な動き(左右への動揺が少なくなる)
ロッカー機能についてはこちらから

これらを「考えて」行うってどうしても難しくなってしまいます。
幸せ歩行(やや早歩き)をするだけで、OKというのはとても楽ですよね。

ジョギングよりも早歩きのをオススメする理由

ジョギングは、

  • 直接的なダイエットとしては微妙だけど、間接的には非常に有効
  • ある程度のスピードがないと身体に負担がかかるだけ

なので、

早歩きをオススメしてきました。

今回の記事でわかりやすくなったと願いますが、
遅いペースのジョギングは、遅いペースの歩行と一緒で、

  • 両脚での支持が長い
  • 股関節を十分動かせない
  • 足関節も十分動かせないので、ロッカー機能が使えない
  • 体幹が直立に保ちづらい(衝撃が大きいため)
  • 身体の左右への動揺が大きくなる

というデメリットばかり
せっかく、身体にいいことをしようと思っていても、
身体を壊してしまう危険性があります。

まずはウォーキング!
できるなら外でウォーキング!

行なっていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット部運動・トレーニング
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント