スポンサーリンク

ダイエットを始める前に知っておきたい知識〜成功させるために〜

スポンサーリンク
ダイエット情報
スポンサーリンク

さぁ、それではダイエットを始めていきましょう。
しかし、その前に

ダイエットってどうすれば出来るのか?

を考えましょう。

ダイエットが成功するのには理由があります。
もちろん、失敗するのにも理由があります。
それを簡単にお伝えします。

スポンサーリンク

ダイエットの方法は定番の2つ

ダイエットというと、どうしても

  • 食事
  • 運動

の2つがメインになってきます。

食事は、体内に物を入れるため、体重増加
運動は、エネルギーを消費するため、体重減少

ですよね。

「そんなのわかっているよ!!」

という声が聞こえてきそうです…
ごくごく当然のことで、みなさんご存知だと思います。

しかし、そのコントロール・バランス取りができていない人が多すぎます。
何より大切なのが、バランス
ここがぼやっとしてしまっているのが問題。

食事と運動を違う視点から見ると

食事:身体を作る・動かすための栄養を摂取する
   取りすぎると、身体に貯蔵

運動:身体を動かすための機能を向上させる
   身体を動かすために、貯められたエネルギーを利用
   筋肉は、エネルギーの貯蔵庫

となります。
ポイントは
筋肉:エネルギーの貯蔵庫
というところです。

食事摂取した余分な栄養を身体に貯蔵しますが、

筋肉に貯蔵されるのか?
脂肪として貯蔵されるのか?

が大きな分かれ道になります。
ですので、

食事の摂取カロリー > 運動による消費カロリー
にしていこう!!
という単純な話ではありません。

食事を制限して痩せよう!!

この場合、
貯められたエネルギーがどんどん消費されていきます。
しかし、食事制限を続けると…

筋肉を分解してエネルギーを作り出すようになります。

筋肉はエネルギーの貯蔵庫でしたね。

筋肉は脂肪よりも重量があるので、一時的に体重は減ります。
その後、食事量を増やしていくと…

エネルギーを貯蔵してくれる筋肉が減っているので、
脂肪として貯蔵することになります。

これが恐ろしい

リバウンド

ってやつです。

結果、筋肉が減っただけ…という努力をあざ笑うかのようなリバウンド

運動を頑張って痩せよう!!

これは続けられればうまくいきます。

が、

続けられる人がなかなかいない…

もともとスポーツをすごいやっていたって人は別です。
次回以降に記載しますが、

「マッスルメモリー」
「ホメオスタシス」

など、身体にはその状態を維持しようという機能があるので、
運動をしていた時の身体に戻りやすくなっています。

しかし…
運動をしていた時期が短い、あるいはほとんどなかった場合…

結果が出づらい

なので、途中で挫折してしまう…
ということがほとんどですね。

次へ




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント