ジャンプ力を上げるには跳ぶより筋トレを

スポンサーリンク
運動トレーニング
スポンサーリンク

ジャンプ力!
子どもなら、みんな
「高く跳びたい!」と思いますよね。
それだけで、バスケ・バレーボールなどのスポーツがかなり有利になります。
そして、なんて言っても格好いいですから!
今回は、そのジャンプ力を上げる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ジャンプ力とは

ジャンプ力はいわゆる「瞬発力」に分類されます。
高く飛ぶためには、
・パワー
・タイミング(動作の質)
が重要な要素となります。

ジャンプ力を上げるためのパワーは、アキレス腱のバネの力が必要

ジャンプ力のパワーの要素は
・アキレス腱の「バネ力」
・下肢全体で身体を押し上げるためのパワー

に分類されます。
特に、「アキレス腱の機能」は非常に重要となります。

高く跳ぶためには、
一度しゃがんでジャンプ!しますよね。
しゃがんだ状態からジャンプ!とは違います。

しゃがんでジャンプとしゃがんだ状態からジャンプの違い

「筋肉の力だけ」で跳ぶなら、
どちらも跳べる高さは変わらないはずです。
しかし、筋肉は、一旦伸ばしてから、収縮させた方が力が強く入ります。
その力を与えてくれているのが

「アキレス腱など腱の弾性力」

筋肉が「収縮しながら」伸ばさせることで、
筋肉だけでなく「腱」が伸ばされています。
「腱」はゴムのようにエネルギーをためて、放出します。
アキレス腱が伸ばされて、ジャンプと同時に縮むことで
跳躍力のパワーを産んでくれます。

そのため、
一旦、しゃがんでからジャンプをすると、高く跳ぶことができるのです。
*実際は、アキレス腱だけでなくて、下肢を伸ばす筋肉に付いている腱も作用していますが、アキレス腱が担う役割は非常に大きい

アキレス腱の「バネ力」を高めるにはスクワット!!が有効

単純に「ジャンプの練習」をしても、「アキレス腱のバネ力」は向上しません。
むしろ、

「慢性的な損傷・炎症」

となってしまいやすいので注意が必要です。

「バネ力を高めるためには」

・ゆっくりとした持続的な刺激

がポイントなります。
色々なやり方はありますが、シンプルに

スクワット

重りはいりませんけどね・・・

をお勧めします。
アキレス腱に続く「下腿三頭筋」は、つま先を伸ばす筋肉になります。
そのため、「カーフレイズ」と言われる「かかとをあげる運動」も非常に大切なのですが、
「ジャンプ練習の段階で鍛えることができます」

・ジャンプ力をもっとあげたい競技者
・運動不足でアキレス腱断裂の危険性がある大人(以下に記載しています)

にとっては、
「ジャンプの前段階のいい姿勢・アキレス腱の伸張性・男性エネルギー蓄積のための硬さ」
を作る上で、スクワットがもっとも効果的だと考えています。

高く跳ぶには、あとは動作練習

「アキレス腱のバネ力」
でベースの身体を作り、あとは

「動作の質」

実はジャンプって難しいんですよね。
小さい子どもや、高齢者はできないですし、
「スキップ」
になると、若い人でもできない人はいます。

跳ぶタイミングに合わせて、
足関節
膝関節
股関節
体幹

のパワーを効率的に使えるようにコントロールする必要があります。

これが難しい…

ジャンプ練習だけでもジャンプ力が上がるのは、
この動作の質が向上するからです。

しかし、それだけでは壁にぶち上がりますし、
overuse過用で身体を壊してしまう可能性があります。
大人なら、アキレス腱が切れてしまうかも…
まずはスクワットで強化してからにしましょう。

まとめ〜ジャンプ力を上げるには〜

ジャンプ力を上げるためには、

・アキレス腱のバネ力
・全身の動作の質

が重要なことをお話ししました。
今までは

「動作練習」だけに目が向きがちでしたが、
しっかりとアキレス腱に対して、スクワットのような

ゆっくりとした持続的な筋トレ

を行うことで「バネ力」がついてきます。
アキレス腱の準備もできてきます。

練習しても、「ジャンプ力が上がらない」

という方は、「筋トレ」も考えてみましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運動トレーニング
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント