運動会・お遊戯会対策。ダンス練習を独学で

スポンサーリンク
遊び
スポンサーリンク

2012年から中学教育でダンスが必修化されてからもう7年。
ダンス教室も増えました。

うちから徒歩5分圏内に、

・ヒップホップダンスの教室 3件
・クラシックバレエの教室  3件

一昔前じゃ考えられません。
ダンスが盛んになっていることがわかります。

そもそも子どもはダンスが好き
うちの子どもたちが最近好きな「オドモTV」でも、子どもの面白い創作ダンスが見れます。

私が子どもの頃(30年以上前)から、

・保育園ではお遊戯会
・小学校低学年では運動会でダンス

ど定番でした。
それは今も変わらず、うちの子供達も同じように楽しんでいます。
私たちも、楽しみにしています。
ただ、

せっかくなら上手に踊ってほしい!

と親は誰もが思いますよね。

スポンサーリンク

ダンスは「練習」するものか?

ただ、ダンスは「練習するもの」ではないと思います。
*子どものうちのダンスは
というのも、
「子どもはダンスが好き!」
だからです。

好きなものは、勝手にやります。
絶対に言葉で

「練習しないとダメだよ!!」

とは言ってはいけません。

「ダンスの練習しなさい」と言ってはいけない理由

誰でも言われると「やりたくなくなる」ものです。
ましてや、「練習しなさい」なんて言われたら誰でも嫌ですよね?

もともと「好き」でやっているものなので、「やるように」仕向ければいいんです。
言葉で命令すると、反発されてしまいます。

ダンスの練習をまじまじと見ては行けない理由

もう一つ間違えてしまう行為が、

・踊っているところをまじまじと見て、動画を撮る
・リズムに合わせて手拍子をする

よく「ダンスは自己表現」と言われたりしますが、
特に子どもは好きなように振り付けたり、リズムをとったりしています。
それを「評価」されてしまうと、

「好きで楽しんでいたもの」 が

「大人に評価されるためのもの」

に変わってしまいます。

それに、やっぱり恥ずかしいですよ、自己表現を見られるのは・・・
子どもが踊っていたら、
「やってるな〜」くらいにして、チラ見を楽しんでいましょう。

子どもにダンスを促す方法

今は、簡単に音源が手に入ったり、動画が見れたりとツールがたくさんあります。それを使えば、子どもなんて簡単に踊り出します。

1:親が踊る

パパダンス

これが一番効果的です。
お遊戯会に決まった曲や、踊らせたい曲を親が踊ります。
振り付けなんかわからなくて全然OK
むしろ、できるだけ面白おかしく踊りましょう。
適当に踊っていると

「違うよ〜」

と言いながら、正しい振り付けを教えてくれます。

2:一緒にyoutubeを見る

だいぶ直接的な方法ですが、「動画」を見せるのはかなり有効です。
一人で踊るより、「踊っている人」がいた方が踊りやすいのは当たり前。
子どもはテレビ好きですし・・・
さりげな〜くyoutubeで見ていると、寄ってきて一緒に見て踊ってくれます

3:音楽をかける

お遊戯会の曲などをかけます。
はじめは踊らないかもしれません。
保育園や小学校で、練習をしていくと、やがて
口ずさむようになり
最終的には踊り出します。

まとめ

私もダンスは大好きです。
習ってきて訳ではないですし、リズム感もないですが、音に合わせて身体を動かすのは楽しいですよね。
お祭りになるとワクワクしますし、それは人間の本能なんじゃないでしょうか?

注意点としては、
・注目しない
・評価しない
・笑わない
・ダンスを促さない

これさえ行わなければ、毎日踊ってますよ。
お遊戯会でも毎回センターが取れると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
遊び運動トレーニング
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント