小学生の子どもを読書を好きにするための図書館活用方法

スポンサーリンク
学習
スポンサーリンク

以前、「子どもを本好きにするには」という記事を載せました。

その中で、
「せっかく借りてきても、なかなか読んでくれないんです」
などご意見がありましたので、その前段階の方法を記事にします。

スポンサーリンク

興味を持たせるには、興味のあるものを打ち倒す圧倒的な量の刺激が必要

子どもに本を読ませるためには、まずは

興味

を持たせないといけません。
小さい子は何にでも興味が向きますが、
もうすでに、「強い興味の対象」がある場合は難しくなります。
本をあまり読まないで小学生になっていると、
・ゲーム
・テレビ
・youtube
など、自分でしたいこと・見たいことの興味が家にはいっぱいあります。

その中で、楽しいかどうかがわからない「読書」は選ばないでしょう。

大人でも、自分の家で勉強や仕事を集中して行うのは難しいとされています。
色々と誘惑が多くありますから。

子どもと図書館に行くことのメリット

本しかないけど、圧倒的な量

純粋に「本」しかありません。
他の誘惑がなくなります。
本を読むしかなくなります。
そうすると、苦手な「本」の中でも、とっつきやすそうなものを手にとるしかなくなるので、とりあえず手を伸ばしてくれます。

その「最初の一歩」ができれば大成功
子どもの「興味」に「本を読む」ということが記されました。

そうすれば、あとは「自由」です。
圧倒的な量の本を前に、自分の興味の拡がるまま、読みたい本を読みたいだけ手に取ることができます。
そうすれば水を得た魚のように、本を読み漁ってくれるでしょう。

大人も、本しかない。子どもは大人のマネをする。

そもそも、読書好きの親の子どもは「読書好き」です。
子どもは親の真似をして育つので、

親が料理をしていれば「料理して見たい」
親が仕事をパソコンでしていれば「パソコンやりたい」
親がテレビを見ていれば「テレビ見たい」
親が読書していれば「本読みたい」

となります。

あまり自宅で本を読まないお父さん・お母さんも、図書館へ一緒に来ると本を読むしかなくなるので、「本を読みます」
それを見た子どもたちも「本を読みます」

子どもが何に興味を持っているのかを知れる

膨大な量の本の中を歩いて、子どもが手に持ってきたもの。
それを知ることで、
「子どもが今は何に興味を持っているのか?」
を知ることができます。

普段
「今は何が好きなの?」
など聞いても、子どもは答えてくれない、というよりもわからないんですよね。

色々な選択肢が用意されている中で、
「どれが面白そうかな〜」と持ってきた本を知れるということは、親にとって子どもの気持ちを知る上で非常に大切な情報です。

「お父さんはあっちにいるからね〜」

ではなく、

「好きな本持って、ここで一緒に読もう」

などと一緒の席で本を読むようにするといいですよね。

無料

いくら読んでも「無料」です。
こんなサービス他にはありません。

こんな経験ありませんか

図書館でなくても、デパートやスーパーの本屋さんに子どもを連れて行ったことはありませんか?
そこで、よく聞くセリフ

「もう帰るよ!!」
「もうちょっと、これ読むまで待ってて」

これからも、

子どもたちは「大量の本」さえ目の前にあれば、
誰でも本を読むことが好きになれる

ということがわかると思います。

まとめ

このように、

「子どもと一緒に図書館へ行く」

ことはメリットしかありません。

子どもに本を読ますことができ
自分の好きな本も読め
子どもの興味も知れる

ぜひ図書館へ行きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
学習読書
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント