スポンサーリンク

子どもとポケモンカードゲームで遊ぶ時は「プロレス」を意識

スポンサーリンク
パパトレ
スポンサーリンク

以前、子どもとポケモンカードゲーム(以下ポケカ)をやる事をお勧めしました

今回の記事は

「子どもとポケカで
楽しみながら勝つ方法」

を書いていきます。

スポンサーリンク

子どもとポケカをするときのルール

まず、大前提として、うちでポケカをやるのは、
小1の長女と年少の次女です。
なので、同じデッキ構成だったら、絶対に負けることはありません。
そこで、子どもたちも、私たちも楽しめるようにルールを作る必要があります。

イメージとしては「プロレス」です。
相手のいいところを最大限引き出した上で、倒す。

親は基本500円のスタートパック

ポケカを始めるのに一番手っ取り早いのが、

「構築デッキ」

60枚セットとなっていて、
ポケモン・エネルギー・グッズ・トレイナーズがバランスよく入っています。

この「構築デッキ」にも種類があり、
500円のスタートパック
1500円のスターターセット(イーブイの進化系、ブースター・シャワーズ・サンダース)
3000円のトレーナーバトルデッキ

があります。
単純に、値段が高い方が「強い」と思ってください。

ですので、
親が500円のスタートパック
子どもが1500円のスターターセット
で始めれば、それだけで手を抜くことなく「いい勝負」ができます。
やはり手を抜くと親も子どもも面白くないので、そこは

「全力」

でいきましょう。

「ズルイ」と感じる手は使わない

カードゲームなので、一回ハマると「ズルイ」と感じるような手があったりします。
例えば、
「クワガノン」の特性「ストロングチャージ」
毎回、エネルギーを2つつけられるんですが、これを毎回やってしまうと相手は戦意喪失となりやすいので注意が必要です。

子どもはまだまだ心の発達も未熟です。
悔しいと泣いてしまいますし、ゲームを放棄してしまう事もあります。
ある程度の悔しい思いはさせた方がいいのですが、毎回「放棄」まで言ってしまうとそこからの再起動が難しくなってしまいます。

子どもの心を折らない程度に倒す事が重要です。

デッキ自体の弱点をつかない

ポケモン同士「相性」があり、弱点を突くとダメージが2倍になります。
弱点をつかれたら、どんな強いポケモンでもイチコロ。
ポケカは、そのポケモンにあった「エネルギー」をつけなくてはいけない性質上、「構築デッキ」自体に相性があったりします。

子どもに負けないためにと、「デッキ自体の弱点」をついてしまうと子どもは弱点ばかりつかれて面白く無くなってしまいます。

弱点をつくのは時々にしましょう。

パパのデッキの強化方法

次に、パパデッキの強化方法をお伝えします。
もともとのデッキの差に加え、毎月の拡張パックでデッキ自体の能力の差は拡がるばかり・・・その中でも勝つために

子どもが「いらない」と言ったカードを吟味する

子どものカードは少しずつ増えていきます。
その中で、子どもが「いらない」と感じるカードがあるので、それをもらいましょう。
カードの枚数が増えることは、戦略の幅を増やすためにも重要です。
カード自体も使い方によっては、「ぱっと見弱いカード」でも十分戦えますよ。

子どもが「返して」と言ったら、返してあげましょう。
「新たな魅力」を感じとったら、それを使わせてあげて確認させてあげましょう

特殊エネルギー・グッズ・トレーナーズカードを駆使しよう

子どもたちは「強いポケモン」に目が向きがちです。
しかし、かなり有効なサポートカードが充実しているのが「ポケカ」の良いところ。

三女が「トリプル加速エネルギー」という「キラキラしたカード」を食べて長女を泣かせたことは記憶に新しいですが…

このように、
一気に3つのエネルギーをつける事ができるカードがあったりします。
*拡張パックで長女が出したみたいですが、結構レアらしい…

グッズや、トレーナーズで、

山札から3枚引ける「ハウ」や、
ポケモンを交換できる「ポケモン交換」

など、スタートパックから入っているサポートも駆使すれば結構いけます。

あとは、やはり子どもが「いらない」と言ったサポートカードを吟味するといいでしょう。

まとめ

子どもとの「カードゲーム」の大前提は

「子どもが楽しむ、その上で親が楽しめる」

事です。でないと続きません。

そのためには、

・子どもより弱いデッキ構成

・その中で全力

・子どもの見せ場を十分作って

・勝つ!!(勝率50%くらいがいいかと思います)

です。

楽しいパパ生活を満喫しましょう!

**注意**

ポケモンカードを買うときは、店頭で!!
値段がわからないままネットで買うと、
「2倍」
で購入しているとかよくある話です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
パパトレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント