「つかまり立ち」の促し方。8〜9ヶ月

スポンサーリンク
発達段階
スポンサーリンク

いよいよ身体を起こしてくる時期
立位の世界へと入っていきます。
「つかまり立ち」は月齢で8〜9ヶ月で獲得すると言われています。
「ハイハイ」でお話ししましたが、

ハイハイ  = 移動手段・よこの世界拡大
つかまり立ち= たての世界拡大

なので、ハイハイが必須条件というわけではありません。
ただ、ハイハイにもつかまり立ちをするための要素が入っているので、できるに越したことはありません

スポンサーリンク

垂直面、たての世界の拡大

これまで、
注視が出来るようになって、頸がすわって
追視ができるようになって、寝返りができて
リーチができるようになって、座位での安定性が作れて
きました

そして、四つ這いで

世界の拡大

水平面のよこの世界が飛躍的に広がりました。

これらは、

子どもの興味・探索活動

から生まれてきています。

Toddler Wearing Head Scarf in Bed

そして、
今度は垂直面、たての世界の拡大
子どもにとっても、自分から保護者の顔に顔を近づけられる活動なので、
とても嬉しいですよね。

このころの子どもは、親の身体を支えにして、めちゃめちゃ立ち上がろうとします。

一人歩きに向けてのステップ

「つかまり立ち」は自分で身体を起こして、「自分の身体を」支えるためのステップとして非常に大切になっています。

「立って身体を支える」「さらにそこから歩く」
かなり難易度が高い動きになります。
高齢者で考えてみてください。
やはりまず「歩く」というところに不安を覚えるようになります。

しっかりとした「つかまり立ち」を獲得しておかないと、次の「歩く」にはなかなかいけません。

つかまり立ちを促す方法つ

つかまり立ちの促し方は簡単です。
子どもは親・保護者に近づきたい

「すわって遊んでいれば、勝手によじ登ってきます」

ここで、すぐに抱っこしてしまったり、邪険に扱わないで、
「勝手に遊ばせていれば」つかまり立ちの力はついてきます。

Toddler Standing and Leaning Against Log

よだれはめっちゃつきますけどね…

それに慣れてくると、
「適度な高さの台や椅子」を使って、勝手に遊びだすので笑顔で見守りましょう

つかまり立ちを促す際の注意点

つかまり立ちは、

「座るまで」

が大切です。
立ち上がるのをサポートすることはないと思うのですが、
座るときに「ドシン」と座るのを嫌がって、助けたり、抱っこしてしまったりすしている親はよく見かけます。
この「座るとき」に、足全体の力をコントロールするという大切な「協調性」という力を学習できます。
赤ちゃんはちょっとやそっとじゃ怪我をしません。
「ドシン」と座っちゃうのを笑って見守りましょう。

つかまり立ちを促す際の注意点2

一人歩きに向けての大切な動作ですが、
個人的には

「ハイハイ」を優先

に考えていただきたいです。

「ハイハイ」の重要性は前回お話ししましたが、
「つかまり立ち → 伝い歩き」
の機能が充実し、環境もそれで移動できてしまうと「ハイハイ」を行わなくなってしまう可能性がありますのでご注意ください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
発達段階
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント