スポンサーリンク

一人座りの練習と促し

スポンサーリンク
発達段階
スポンサーリンク

少しずつ重力に対抗できる力を手に入れてくると、いよいよ

「一人で座れる」

ようになってきます。
だいたい月齢的には7〜8ヶ月と言われています。

スポンサーリンク

一人座りの質

実はこの「すわる」という動作はレベルがいろいろあります。
椅子ですわる・床で座る だけでなく、
身体全体を丸めて座る
手をつきながら座る
身体を後ろに倒しながら座る
などなど、いろいろな形で座ります。
今どのレベルにいるのか?
座った状態で、何ができるのか?
という確認が重要になります。

二人の赤ちゃんを比べてみましょう。

左の赤ちゃんは、まだ座っているのがやっと
右の赤ちゃんは、座った状態で花を認識し、手を伸ばして探索しています。

この「リーチング」ができるかどうか?という事が非常に大切です。

座って手を伸ばせる(リーチング)

この「リーチング」という動作を行うためには、

  • 視覚で対象物を確認
  • それを立体視できているかどうか
  • 手の到達する時間を計算
  • 自分とそれの位置関係を理解、軌道を頭の中に描く
  • 自分の重心が崩れないように調整

と難しい課題が必要です。

最近は「ただ座っているだけ」で活動ができない。
という子も増えてしまっているようです。

そういう赤ちゃんは「すわるだけ」で精一杯。
なので、手を伸ばしたりなどの探索活動ができません。

なぜ座っている力が不十分のまま、座ることを覚えてしまうのか?
それは、座らされる機会が多すぎるからです。
最近は、赤ちゃんを座らせておく椅子がありますが、そのせいではないかと言われています。
これだと、「安定して座らせる」機能はあるのですが、「探索活動」には向いていません。
確かに、「食事」のときはかなり便利で重宝します。
ただ、これで「すわる練習」をすることはしないでください。

Bumbo バンボ マルチシート【正規総輸入元】 成長に合わせて長く使える 3ステージ マジェンタ

新品価格
¥7,697から
(2019/2/27 06:11時点)

座る前に必要な動作

やはりそれは、寝返りから始まるうつ伏せでの探索活動です。

うつ伏せで、片手で身体を支えて、おもちゃに手を伸ばしたりしていくうちに、身体を支える機能が向上していきます。

座っていてバランスを崩すようなら

バランスを崩しても問題ないありません。
自分の力で座って、バランスを崩すことで、自分自身の

重心の取り方

を覚えていきます。

Baby Girl Laying on Bed

その反応を
「立ち直り反応」と呼びます。

ちょうど、視覚と触覚が統合されてくる時期なので、

「見たものに手を伸ばして掴む」

という、自分からバランスを崩す練習をしていく事ができます.

自分の重心移動だけでなく、

手を伸ばした時に重心をコントロール出来るか?
手を伸ばして、物を持ち、物の重さが加わってもコントロール出来るか?

という機能がどんどんついてくる時期です。

それが、安定して座らせてもらえる「赤ちゃん椅子」に座ってしまうと

「練習にならない」

ので注意しましょう。

座って、バランスを崩すのも練習です。
バランスが崩れる感覚がないと、バランス練習にならないので、安定した環境を与え続けるのも考えものです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
発達段階
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント