「鉄分」摂取でパフォーマンスアップ

スポンサーリンク
栄養
スポンサーリンク

[貧血]はかなりよく知られた症状です。
集会などで、
「バタッ」と急に倒れて、
「貧血だから・・・」といっている人いましたよね。
*それは、「脳への血流量」の問題なんですが・・・

「貧血」は女性に多いと言われていてます。
女性は、生理があったり、妊婦さんなどはどうしても貧血になってしまうので、「鉄分を取りなさい!!」と言われます

*日本鉄バイオサイエンス学会

一般的な病態である「貧血」ですが、
実は、貧血になると、疲れやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

貧血になると疲れやすくなる理由

貧血とは・・・
「血中のヘモグロビンが少ない状態」です。

ヘモグロビンは、全身に酸素を運ぶ大事な仕事をしています。つまり
「貧血」ということは、

全身に「酸素」という
エネルギーを送る能力が低下している状態

と考えましょう。

そのため、全身の臓器・組織に十分な酸素が行き渡らなくなり、
酸素不足に陥りやすい状態になります。

酸素が不足すると疲れやすくなる

酸素不足・・・
「登山」をすると酸素の薄い場所に行きます。
すると「高山病」になったり、疲れやすくなるのはなんと無くわかるかと思います。

つまり
「貧血」の状態は「高山環境で生活している状態」に近いとも言えます。
酸素が不足している状態ですからね。
そうすると疲れやすく、スポーツのパフォーマンスが上がらないのもわかりますよね。

貧血の種類

貧血の病気はいろいろな種類があります。

*鉄欠乏性貧血

 食事からの鉄分不足や、妊娠時に鉄の利用が増えるなど

*再生不良性貧血

 血液(血球)を作る「骨髄」が脂肪に置き換わってしまうため

*溶血性貧血

 なんだかの原因で、赤血球が壊れやすくなってしまう

*悪性貧血

 ビタミンB12不足

もちろん「病気」で貧血になる人も多いのですが、そうでない人もいます。

それは、

「アスリート・競技者」です。

アスリートは貧血になりやすい

アスリートは激しい運動を日常的に行なっています。

激しい運動により赤血球が破壊されたり、
多い筋肉量の中、筋肉を大量に活動させるので、鉄分を多く使うために貧血になると言われています。

そのなかで、鉄分をしっかり摂取しないで競技を続けてしまうと、エネルギー不足によりどんどんパフォーマンスが落ちていってしまいます。

アスリートの貧血悪循環

悪循環にはいると、
エネルギー不足
→身体からエネルギーを作り出す(サルコペニア)
→筋量の減少
→パフォーマンスの低下
→パフォーマンス上げるためにトレーニング強化
→慢性的なエネルギー不足

となってしまいます。

これは、
「日常生活がスポーツ状態」
の高齢者にも言えることです。

しっかり身体の機能を理解し、エネルギーを全身に行き届かせましょう。

ディアナチュラ ヘム鉄 30粒 (30日分)

新品価格
¥533から
(2019/2/21 23:15時点)

*ちなみに、自己輸血(試合前に血液を抜き、試合近くなったら自己血を輸血して赤血球量を増やす)は「ドーピング」として禁止されるくらい効果があるようです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
栄養栄養疲労
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント