スポンサーリンク

生理痛の原因は便秘!楽になる方法と対策

スポンサーリンク
便秘
スポンサーリンク

月に1度の「生理痛」
辛い思いをしている人がたくさんいると思います。

生理痛がひどい人は、ほとんど仕事にならない人もいます。
「生理休暇」もあるのですが、とっている人は知りません。

男性の知識不足によるものも強いと思いますが、
「生理の辛さが共有できない」
「生理になっている人しか辛さがわからない」
というところにその根があるのじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

生理痛はなぜ生じるのか

生理痛の主な原因は、
「プロスタグランジンの過剰分泌」のためと言われています。

そもそも、「生理」とは、

「古くなった子宮膜を捨てる作業」です。
その排出する作業のために「プロスタグランジン」が必要というわけです。

プロスタグランジンは痛みを促す

プロスタグランジンは「筋肉を収縮させる役割」があります。
プロスタグランジンにより、子宮の筋肉が収縮し、古い子宮膜を捨ててくれます。

筋肉が強く収縮し過ぎてしまうと、それだけで「痛み」の原因となります。
筋肉が張って、凝っている状態にもなってしまいますしね。
「足が攣る」というのも、筋肉が過剰に収縮している状態です。

また、プロスタグランジンには痛みを促通させてしまう役割もあるので、
生理痛の酷い人は「頭痛」なども生じてしまうというわけです。

プロスタグランジンを減らせば、生理痛は楽になる

すごい単純な話です。

生理は古い子宮を排出する作業

それを手助けするのがプロスタグランジン

たくさんプロスタグランジンが必要であるということは、子宮膜が出づらい状態となっているということです。

子宮膜を排出するのが楽にできれば、
プロスタグランジンは最低限ですみます!!

子宮膜の排出を邪魔しているのは?

子宮膜を出すためには子宮が収縮する必要があるということ
子宮の過剰な収縮力が必要ということは、

・筋肉自体の機能が落ちている
・何かが邪魔している

のどちらかです

1:筋肉の機能が低下している場合

考えられるのが、「冷え」や「血行不良」による筋機能の低下
硬くなりすぎたための、周囲組織の高密度化(硬結)によっても筋機能の低下は生じます。

その場合は、
「温める」
これは生理痛が酷い人などはやっている人が多いと思います。

2:邪魔しているものがある

子宮のすぐ上には「腸」があります。
腸が子宮を圧迫してしまうと、子宮膜の排出を阻害してしまいます。
そうすると、筋肉の過剰な収縮が必要となります。
つまり
「便秘」は「生理痛」の原因になるわけです。

「便秘」にいては他にも書いてありますので参考にしてください。

ひどい生理痛がある方で、便秘気味だという方は、
まずは腸の疲労を取ってあげることが重要です。
腹部の軽いマッサージも有効です。

現代人は、どうしても「過食」になりやすく、
「糖質過多(炭水化物過多)」となりやすいので、
食事を腹八分目にするだけで便秘が解消し、
生理痛も解消する人が結構いますよ

まとめ

生理痛の原因と対処法について記事にしました。
生理のメカニズムから考えると、
スムーズに子宮膜の排出が行えれれば、「生理痛」は軽く済みます。

そのため、子宮膜の排出を阻害する要因である

・血行不良、冷え
・便秘

を治すことで、生理痛が楽になりますので、試して見てください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
便秘疲労
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント