炭水化物は悪者か?

スポンサーリンク
栄養
スポンサーリンク

最近は炭水化物ダイエットなど、炭水化物を抜く食事が推奨されることが多くなっています

炭水化物=主食ですよね。

日本ならお米・うどん
フランスならパン
イタリアならパスタ

そして、炭水化物は
食物繊維と糖質からできています。

小学校風にいうと

『体のエネルギーとなる食べ物」です

私たちの最も「身近な食べ物」と言っても過言はないんじゃないでしょうか?

さて、

そんな炭水化物は悪者なのでしょうか?

人類の繁栄 = 人口増加

という目で見ると、炭水化物が果たした役割は非常に大きいのです。

今でこそ、「飢餓」ということはあまりなくなりましたが、以前は「飢餓」というのは世界的な大問題でした。
*まだ飢餓が問題な地域もあります

「食糧難」

人類は、定住して穀物を安定した量を供給できるようにしていったのです。
そのため、狩猟をしないでも安定して、安価に大量に食料を手に入れられるようになりました。
学校で習いましたね
「弥生時代に稲作が栄えました」

ひょっとしたらそこまではよかったのかもしれません。

白米に代表されるように、精製する技術が進んだことで、

「保存期間の延長」
「さらに美味しく」

と目的が「栄養」ではなく

「保存期間」

「味」

となっていきました。

白米でいうと、
籾米ー籾殻  = 玄米
玄米ー糠ー胚芽 = 胚乳 (白米)

となります。

糖質の量は変わりませんが、その他の栄養素を玄米から剥がしていったのが白米となります。
そりゃ美味しいですよね? 糖質を包んでいた他のものを排除していった結果ですから・・・

精白米と玄米の違い|ササニシキ.com
精白米と玄米の違いとは何か。ここでは玄米が本来持っている優れた栄養バランスについて解説致します。

ここのサイトに玄米と白米の比較があります。
味と保存期間を優先した結果、味は美味しいけど、他の栄養素は減少してしまっているのがわかります。

小麦は??

同じことが小麦にも言えます。
テニスプレーヤーのジョコビッチが
「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という大ベストセラーで糖質の危険性を訴えています。
グルテンフリーに食事を変えて、世界が変わったと・・・

大げさかもしれませんが、炭水化物を減らすことで同じことが体感できると思います。

おそらく、トウモロコシでも同じことが言えるでしょうね・・・

役割は大きかったが・・・

安定して安価で手に入れられる食料として、炭水化物は非常に重要だと思います。
しかし、「栄養のため」というとダメな食料となってしまっています。

まずは、
主食 = 炭水化物 というイメージの払拭から必要でしょう。
もともと、人間は「肉食動物」なのです。

そして、

「なんのために食事をするのか?」

ということをよく考えて食べるものを決めるべきですね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
栄養栄養
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント