勉強習慣

子どもを本好きにするには

  • LINEで送る

うちの小1の長女「りん」はかなりの本好きです。
だいたい、15時くらいに帰宅後、1〜2時間くらいずっと本を読んでいます。
今のお気に入りは「ポケモン映画版の文庫本」や、「青い鳥文庫」
小1にしては結構細かい字を読んでいます。

もともと、寝る前に絵本を読み聞かせすることをしていたので、それほど「本を読む」ということには抵抗はなかったと思います。
しかし、ここまで本好きになるとは思わなかったので、私が実践した方法をご紹介したいと思います。

「図書館で、毎週本を借りてくる」

これが結構大きかったのかなと思います。

小学校に上がるまでは、毎月絵本が届けられるサービスを使っていました。
小学校に上がるときに、「もういいかな?お金結構かかるし・・・」
で解約。
でもやっぱり本を読んで欲しいので、図書館に行って借りてくることにしました。

市川市は20冊まで借りることができるので、とりあえず面白そうなのを調べて20冊。リビングの本棚に入れておきます。

「ただいま〜」

と帰ってきても、「おかえり」と言って、本には触れません。

すると・・・

あっ!何これ?新しい本?

と言って、勝手に読み出します。
ここで何か言わないように。
あくまで、

自主的に本を読んでいるのが理想です」

パラパラパラ〜と見て、本棚に片付けたとしても何も言ってはいけません。

「促されての動機付けではなく、あくまで自分で「選択して」本を読んでいる」

という形でないと、継続しません。

好奇心旺盛な小学校1年生。時間があると、次の本へ手を伸ばします。
これが20回も続けば、どこかでハマります。

そうしたら、裏でほくそ笑んでいて下さい。

絶対に、
どうだった?」とか
感想は聞かないように!!

本を読んでくれるだけでいいんですよね?

子どもにとって(いや、親にとっても・・・)
INPUT → OUTPUT
というのは大変です。内容をしっかり理解しないと、outputできませんよね?

親としては
「どれだけ読み取れてるのかな?」
「そもそも、ちゃんと読んだのかな?」

と確認したくなりますが、「ダメ」

余計な「負荷量」
を与えなようにしましょう

本を読む → 感想を言わなければいけない

となってしまうと、読みたくなくなっちゃいます!

*注意

もし子どもが、

「これ面白かったから読んで!」

と言ってきたら、すぐ読みましょう
そして、感想を言いましょう!

すると・・・

「私はここが面白かったよ!」と感想を言ってくれます

子どもと同じ本の感想を伝え合う。めちゃめちゃ面白いですよ。

ただ、毎週20冊の運搬はめっちゃ大変ですけど・・・

  • LINEで送る

身体に不満のある方はこちらから

理学療法士・ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしての豊富な知識・経験に基づきコンディショニングを致します。
やりたい事をやれる身体作りのサポート・個別のパフォーマンスアップ・チームやサークルへの集団指導など、各種対応いたします。

詳細はこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください