スポンサーリンク

確定拠出年金(iDeCo)の節税効果はバツグン

スポンサーリンク
お金の管理
スポンサーリンク

iDeCoって知っていますか?
個人型確定拠出年金という年金システムです。

いい点だけを簡単にいうと、

「ほぼ誰でも加入可能な、税金控除サービス」です。
まぁ、一般的には
「ほぼ誰でも加入可能な、年金システム」ですですけどね・・・
どうしても、「税金控除のパンチ力」が強すぎます。

スポンサーリンク

IDeCoは年金システムというより、税金控除システム

毎月、自分で決められた額を積み立てていくのですが、

その全額が税金控除

これはすごいです。
生命保険でちまちま50000円の控除♪
とかの比ではありません。

働き方によって、積み立てられる額が異なりますが、
私のような会社に年金システムがないサラリーマンの場合は、
月に1000円〜23000円の間で額を決めることができます。

どのくらい税金を減らせるのか?

毎月2万円積み立て(年間24万円)
だと、積み立てが額24万円がまるっと税金控除になります。
年収で500万円の人の場合は、
=4万8千円の節税額となります。

それが

毎年

30年間だと、

驚きの

144万円

結構すごいですよね。これが最大のメリットです。

IDeCoのデメリット、気をつける点

1:何かしら投資商品に交換しないといけない

どうしても二の足を踏んでしまう理由が、

「運用しなくてはならない」

という点です。
個人的には、「ぜひ運用しましょう!!」
と思うのですが、含み損が出てしまう可能性も確かにあります。

ただ、それほど多くない運用先に、

「銀行預金という選択肢もある!!」

ということを今日はお伝えします。

銀行預金で貯めておいて・・・

運用したくなるタイミングで運用してもいいし

そのまま預金でもいいし

どちらにせよ、

30年で144万円は税金が浮いている状態です。

2:60歳までは下ろすことができない

運用しているお金は、60歳になるまで手元に戻ってくることはありません。
ですので、「全力」でIDeCoにお金をかけることはお勧めしません。
確かに、預ける額が多ければ多いほど、「節税効果」はあるのですが、何かあったときに手元にお金がないと心配ですからね。

3:下ろすときには額に応じて税金がかかる

もともと税金を「免除」されていたお金ですが、手元に戻す際にはお金がかかります。
ただ、
たくさん収入がある方が、税金が高い!ということはご存知ですよね?

一般的には
働いての給与 → 65歳になったら、年金
という流れが多いと思います。
下手したら、年金は70、もしかしたら75歳からになるかもしれません・・・

将来的に、「働けなる」可能性もありますし、
確実に

「お金があまり入らない時期」

というのは出てくるでしょう。

そのときに、IDeCoで運用しておいたお金を
税金がかからないようにこまめに引き出して生活をする

というのがいい方法なんじゃないでしょうか

国が作った制度

IDeCoは国が作った制度で、おそらく

「なんとかして一般の人のお金を投資に回したい」

直接的にいうと

「株価をあげたい」

ということだと思います。

その方策が破綻して、株が下がってしまっても、
「銀行預金」にしていれば問題ありませんし、
方策がうまくいって、株価が上がり続ければ、
「投資信託で運用」していた人は利益を得ているかもしれません。

「IDeCo」というシステムを「節税」に使うのは、ほぼ100%得になります。

それを運用するか否かは、そのときの自分の判断でいいんじゃないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
お金の管理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント