スポンサーリンク

睡眠の質は、はじめの90分で全てが決まる

スポンサーリンク
疲労
スポンサーリンク
スポンサーリンク

眠れないと・・・

眠れないと・・・

「インスリン」の分泌が悪くなって血糖値が高くなります

眠れないと・・・

食べ過ぎを抑制する「レプチン」が出ずに、太ります

眠れないと・・・

食欲を増す「グレリン」というホルモンが出るので、太ります

眠れないと・・・

交感神経の緊張状態が続いて高血圧になります

眠れないと・・・

精神が不安定になり、うつ病・不安障害・アルコール依存・薬物依存の発症率が高くなります

眠れないと・・・眠れないと・・・眠れないと・・・

これらは、研究され、
事実として発表されていることです

ヒェ〜〜〜となりますよね。

特に、日本人は世界的に見ても睡眠不足のようです。
ですので、「周りと比べて寝ている」という人も安心できないかもしれません。

睡眠は寝はじめの90分間が全てを決める

はじめの90分、しっかり寝よう

「睡眠」で最も有名なのは、

「睡眠時間は90分の倍数が良い!」ということでしょう。
その根拠は90分単位で、ノンレム睡眠とレム睡眠の周期が終わる。というデータです

上記から分かるように、確かに約 90分で1サイクルとなっています

ただ、これには個人差があって、
だいたい90〜120分くらい
ばらつきがあると言われています。

これは大きな違いです。
たとえ1サイクルで10分違っても、4回繰り返せば40分違います。
これでは、単純に90の倍数で考えてしまうと間違ってしまいますよ。

ここで注目してもらいたいのは、

「初めの1サイクル!」

眠りはじめの90分間(およそ)!

はじめの1サイクル(90分間)が重要な理由

このはじめの1サイクル(90分間)のノンレム睡眠は、
必ず「最も深い睡眠」となります。
これは例外なく、全世界中の人がそうです。
このはじめの90分こそが睡眠の醍醐味です。

ここが浅い眠りだとしたら、これに続く第2・第3のサイクルも浅くなってしまいます。
はじめの1サイクルが
「最も深い睡眠となる」ことは変えられないんです。

ということは、
はじめの1サイクルがしっかり眠れないと、
第2・第3のサイクルでもしっかり眠れていないということになります。

そして、成長ホルモンもはじめの1サイクル目でドバッと放出されます。

眠りはじめの90分の大切さ!
わかっていただけたでしょうか?

ママは眠りはじめの90分を眠れない・・・

いるんです・・・
はじめの90分しっかり眠れていない人たちが・・・

それが、ママ達
赤ちゃんったら、いつ起きるかわからないくらいすぐ起きますからね

ママが90分すら眠れない理由

快眠タイムズより引用 https://kaimin-times.com/baby-sleep-8970#i-3

このように、赤ちゃんと「同時」に寝たとしても、2時間あるかないかです。
深く眠れない睡眠を、いくら細切れにたくさんとったところで、
「深い睡眠」は得られません。
結果的に、乳幼児のお母さんは慢性的な睡眠不足となってしまいます。

お父さん側から見たら、

「昼も夜も、赤ちゃんが寝ている合間に寝れるでしょ!?」

ってなると思います。
実は、私もそう思っていました…

絶対、俺より寝ているよ!っと

すいませんでした・・・

パパは、帰宅後、ママが寝てから90分、なんとか死守しよう

寝入りの90分が確保できないことが問題なんです。

ママの身体が悲鳴あげます。
母乳で体力も奪われています・・・

パパたちも仕事で疲れていますが、
ママが寝てからの90分!
なんとか死守してあげましょう。

食事なんて、抱っこしながらとればいいじゃないですか
お風呂なんてあとで入ればいいじゃないですか
部屋なんて汚くてもいいじゃないですか

まずは、
奥様にしっかりと睡眠をとらせてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
疲労
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント