スポンサーリンク

「毒親」とは?「毒親」にならないように、チェックしましょう

スポンサーリンク
叱りかた
スポンサーリンク

2019年1月から育休中ですが、
「主夫」になって、

「ハッキリと」

わかったことがあります。

スポンサーリンク

子育てに最低限必要な2つの考え

・子育ては無理をしない!

・親に余裕がないと子育てはできない!

これをまず「認めること」が重要です。

毒母・毒父にならないために

先日読んだ本に「毒母」という言葉がありました。
「〇〇でなければならない!!」と
自分を追い込んで、追い込んで、追い込んで〜〜
余裕を持った子育てができない状態になった親 ということみたいです。
もちろん「毒母」がいれば、「毒父」もいますよね。

毒親の特徴

特徴としては、
1:恐怖支配をする
2:ガミガミ言う
3:成長を待てない
4:子供の意志を尊重できない
5:子供の夢を潰しがち

の5点が挙げられていました。

・子どもが親の期待通りできない
・子どもが残念なことをする
ことが原因っぽいですね。

けど、それって、

脳の仕組み上、しょうがないんです

子どもへのハードルを上げるのは脳のせい

「期待させる脳の仕組み」

〇〇できなければいけない!
というのが「毒母」の特徴としてありました。

例えば、
「年長さんになったら、音読が一人でできなければいけない」
を例にすると

「〇〇ちゃんは上手に音読できるのに、うちの子はまだできない・・・でも、もうすぐ出来るようになるはず」という

「期待感」が高すぎるせいですで
イライラしてしまう

私たちにもありますよね。
次はできる!次こそはできる!!
という根拠のない「自信」のようなもの

その期待感を生み出しているのが、有名な

「ドパミン」

次こそは、という「期待感」を演出するホルモンなので、
「次はできるかも」という意識を作ります。
これがあるから、人生も楽しいんですけどね。

おそらく、これが「毒親」の原因だと思っています。
「期待した通り」にできていないから、ガミガミ言うし、失望してしまう…
でも、「次こそは!」と期待だけがどんどん高まっている状態です。

親は子どもに期待してしまうものですから・・・

毒母・毒父にならないためには

子供が期待した通りのことをできなかった時に、
「ドパミン補正がかかって、次を期待しちゃってるなぁ」
「ハードル上がっちゃってるはずだなぁ」

と意識するだけで、少し余裕を持った子育てができるのではないでしょうか。

子どもは自分のペースですが、確かに成長しています。
一歩一歩、昨日よりも今日、今日よりも明日

実際、
「会社の時間に遅れる、早く保育園行く準備しなきゃ!」だったり、
「ご飯を2時間も食べている」と言う状況だとガミガミ言いたくもなりますけどね・・・
そんな時は、
「だいじょうぶ・心配するな・なんとかなる」 一休和尚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
叱りかた精神面
スポンサーリンク
スポンサーリンク
therapistmasakiをフォローする
Wonderes

コメント