大人の健康

報酬系を働かせて痛みから解放されよう

  • LINEで送る

「報酬系」とは、

何か心地よい事が起きた時に活性化される
「快感」を感じさせる脳内システムのことです。

日本では馴染みがありませんが、

「痛み止め」

としてアメリカでは「報酬系」を賦活させるオピオイドと呼ばれる痛み止めがオーソドックスです。
*でしたですね…オピオイドクライシスで処方されづらくはなりました。

オピオイド危機とは?鎮痛剤の副作用と落とし穴

この「報酬系」の快楽は非常に大きな行動の動機になります。
「報酬系」と「逃避反応」は対になっていると考えられ、
痛み-逃避から作られる「運動恐怖」により、痛みの悪循環から逃れられない人にとっては、この「報酬系」をどううまく使うかが非常に重要です。

アメリカでオピオイドが人気だった理由も、
「報酬系」を賦活することで痛みが軽減したためです。

「報酬系」が働くときはどんなときか?

報酬系では「ドパミン」が活動する事が知られていますが、
どんな時に「報酬系」は働くのでしょうか?

一番シンプルなのは、

  • 食欲
  • 性欲
  • 睡眠欲

です。

しかしそれだけではありません。

「自己顕示欲」「自己承認感」が満たされた時、
つまり、
「誰かに褒められた時」
「美しいものを見た時」
「成長を実感した時」
など、小路

  • LINEで送る

痛みが取れない…手術してから調子が悪い方は筋膜整体「CoCoからだ」へ

理学療法士・ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしての豊富な知識・経験に基づきコンディショニングを致します。
個別での筋膜調整なら市川市本八幡の「COCOからだ」筋膜整体院で

詳細はこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください